« 超夏日に!『Some Might Say』オアシス | トップページ | 真夏の鎮魂歌!『フリート・フォクシーズ』 »

『A New Athens』ザ・ブルートーンズ

今年に入ってから流行りの音や話題のものをよく聴いていましたが、なんかそういう音に飽きてきたというか、ちょっと疲れたので、「良心」的なものが聴きたくなり、ザ・ブルートーンズとティーンエイジ・ファンクラブの新作(Shadows)を買いました。
でも、車輪さんおススメの、Arcade FireやAvi Buffaloなんかも聴いてますが。

『A New Athens』The Bluetones

A New Athens

ブリット・ポップ期にデビューした(同期のスーパーグラスは今年、とうとう解散)、ザ・ブルートーンズの4年ぶり6枚目のアルバム。
でも、最近の2作は聴いてないので、俺がブルートーンズのアルバムを買って聴くのは、最高傑作の『サイエンス&ネイチャー』(2000)以来なので、実に10年ぶりになります。

しかし10年ぶりに聴いたアルバムですが、繊細なギター・ワーク、水辺の瑞々しさを思わせるメロディー、ポップでメロウな温かみのある楽曲は、ほとんど変わりがないように聴こえます。

ところで、これまでのブルートーンズのアルバムの7曲目っていうのは、全て名曲だというのはファンの間では知られてますが、今作の7曲目はというと、ブルージーで渋い感じの曲で、個人的には「ムムムッ!?」て感じです。

1stから3rdまでの、7曲目です。

『Slight Return』
ストーン・ローゼズに匹敵する曲。

 
『If...』
個人的には、90年代5本の指に入る好きな曲です。

『Autophilia』
じんわりと味わいのある曲。

 
ところで、中年のおっさんが裸で横たわっているという、今作のアルバム・ジャケットには、なんか深い意味がありそうですが・・・。




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 超夏日に!『Some Might Say』オアシス | トップページ | 真夏の鎮魂歌!『フリート・フォクシーズ』 »

ザ・ブルートーンズ」カテゴリの記事

10年代ロック」カテゴリの記事

コメント

ブルートーンズって新作だしたんですか!買わなくては・・・最後に来日したのっていつなんでしょう?僕は恵比寿で観たのが最後でした。

ところでArcade Fireも新作出ましたね。現役で2番目に好きなんで、こちらも楽しみです。

投稿: reds20061222 | 2010年8月21日 (土) 03時22分

redsさん、こんにちは。
ブルートーンズの新作は多分6月くらいに出たんじゃないでしょうか。前2作は出てたのを知らなくて聴いてませんが、今作は出るというのを何かで見かけたので、久しぶりに買うことが出来ました(^^)。
ブルートーンズ好きなら買って損はしないと思います!

redsさんは、アーケイド・ファイヤー2番目に好きなバンドでしたかー。俺はまだ数回しか聴いてないのでよく分かりませんが、個人的には、80年代っぽい懐かしさなんかも感じる音かなと思います。

投稿: william | 2010年8月22日 (日) 00時37分

おひさしぶりです。

ちょくちょく覗くBlogでも紹介されてて、そこに貼ってあったシングル"Carry Me Home"があまりにすばらしかったので、気になってる盤です。


今年は欲しい盤が結構あって、すぐに入手するのをためらってるままになってるのがあります。

あ、そうそうCrowded Houseの新作はDVD付きで買いました!

投稿: haro | 2010年8月23日 (月) 00時41分

haroさん、おひさしぶりです(^^)。
その辺のポップさというのは、変わりがないというか、ブルートーンズらしいですね。
このアルバムは、ブルートーンズを知らない人にアピールするほどのものじゃないかもしれないけど、ブルートーンズ好きなら納得!というものじゃないでしょうか。
いや俺も聴きたいものの半分くらいしか聴けてませんねー、なのでクラウデッド・ハウスまでは到底手がまわりません(笑)。

投稿: william | 2010年8月23日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492600/36125602

この記事へのトラックバック一覧です: 『A New Athens』ザ・ブルートーンズ:

« 超夏日に!『Some Might Say』オアシス | トップページ | 真夏の鎮魂歌!『フリート・フォクシーズ』 »