« W杯・日本快勝!『Footballing Weekenders』カジヒデキ | トップページ | 『Desperado(ならず者)』イーグルス »

『地獄に堕ちた野郎ども』ダムド

「ストゥージスとニューヨーク・ドールズのレコードが廃盤だから、自分たちでそれに匹敵するアルバムを作ってやろうじゃないか・・・」

こうしてダムドは結成に至り、
そして、本当に強力なアルバムを作ってしまいました。
 

『ダムド・ダムド・ダムド(地獄に堕ちた野郎ども)』1977

地獄に堕ちた野郎ども
UKのパンク・バンドとして初となったアルバム、
ゴツゴツしたラフなロックンロールは、ピストルズやクラッシュとも違い、ダムドならではのスリリングな魅力とエナジーに溢れています。

『ニュー・ローズ』

 
ダムドは、個人的にはクラッシュやピストルズほどは好みではなかったけど、この曲は文句なくかっこよくて、たまにむしょうに聴きたくなる「永遠のパンク・ロック」。

時代の変転するスピード感を見事に凝縮した曲であり、そしてアルバムであり、体現したダムドというバンドでした!

『ニート・ニート・ニート』

 
『ファン・クラブ』

 
『I Fought the Low』ザ・クラッシュ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« W杯・日本快勝!『Footballing Weekenders』カジヒデキ | トップページ | 『Desperado(ならず者)』イーグルス »

音楽」カテゴリの記事

パンク/ニューウェイヴ」カテゴリの記事

ダムド」カテゴリの記事

コメント

ニニニ!
ニニニ!

いやぁダムド好きです~。
僕はピストルズ、クラッシュ、ラモーンズなどよりもダムド派なんですよね~。
ドラキュラ趣味のコスプレ野郎デイヴ・ヴァニアンと、本当は賢いのにアホな力の抜き具合のバンドlスタイルがなんか好きなんです(笑)。

あ、「W杯・日本快勝!『Footballing Weekenders』カジヒデキ」にトラックバックを返させて戴きましたが、届いておりますでしょうか?

投稿: 古巣 鳴人 | 2010年6月22日 (火) 09時31分

バウハウスにも影響を与えたといわれているので、ひょっとすると古巣さんは好きなんじゃないかと思ってました(笑)。
このダムドの音というのは、俺がパンクを聴く前に想像していた「パンク」の音でしたね(^^)。

トラバは届いてないみたいなので、また適当にいろんな記事にトラバしてください!

それでは、ニニニ!(なんか合言葉みたい)

投稿: william | 2010年6月23日 (水) 00時02分

ダムドはガレージーなロケンローな1stは好きでした。ブライアンジェームスのギターもカッコいいです。パンクは楽器初心者でもやれるとよく言われてますがダムドはヴォーカル以外は経験者で演奏が上手だと思いました。クラッシュも大好きです!

投稿: 車輪 | 2010年6月24日 (木) 01時41分

車輪さん、
俺がパンクに惹かれたのは、やっぱり人の魅力なんです。
ジョー・ストラマー、ジョニー・ロットン、ポール・ウェラーとか。
ダムドにそれほどのめり込まなかったのは、個人的にすごく好きだったり、共感できるという人がいなかったからでしょうか。
そういう背景を考えず単純に「音」だけを聴いてる最近になり、心地よく感じるようになりました。

それにしても昨日の夜中から起きてるので、今日は眠いです(笑)。

投稿: william | 2010年6月26日 (土) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『地獄に堕ちた野郎ども』ダムド:

» 今週の一曲:The Damned [人生はフライングV 〜音楽雑誌やフリーペーパーの発行情報と日記など〜 Life is FlyingV]
The Damned/Neat Neat Neat <1977年> 昨年に引き続き、またまたバカ売れらしいヒートテック。 ボクは汗っかきなので、あまりタイトな下着は苦手なのだが、 さすがに体力の衰えの著しい今 ... [続きを読む]

受信: 2010年11月28日 (日) 18時18分

« W杯・日本快勝!『Footballing Weekenders』カジヒデキ | トップページ | 『Desperado(ならず者)』イーグルス »