« 『サンタ・クルーズ』ザ・スリルズ | トップページ | 音楽サーフィンの旅!?『スーパーグラス vs MGMT』 »

『第77回 日本ダービー』

毎週日曜日は必ずどこかに出掛けてるんだけど、
このタービーの日だけは家にいてテレビ観戦しています。

史上空前の好メンバーが揃ってた、今年のダービーでしたが、
3番人気ダノンシャンティが出走取り消しになったのは残念です。

まず個人的、有力馬の見解。

ヴィクトワールピサ
弥生賞は、インぴったりから抜け出して、この乗り方をすれば皐月賞も勝てるという走りをみせ、皐月賞でも全く同じ走りで見事タイトルを獲得しました。
皐月賞向けのタイプですが、高い完成度と狭い場所にも入っていける根性、そこから一瞬で抜け出す反応の良さと瞬発力が魅力。

ペルーサ
4戦4勝、前走の青葉賞では4馬身ぶっちきりの圧勝。
厩舎の先輩シンボリクリスエスやゼンノロブロイ以上の強さで、2着に終わったクリスエス、ロブロイで成し遂げられなかったダービー制覇が目前。

ヒルノダムール
皐月賞では、後方、そして大外から上がり最速の脚で2着に突っ込んできました。広い東京で末脚を全開できそうです。

オークス連対の母にダービー馬の父キングカメハメハという良血馬3頭。
トゥザグローリー、ルーラーシップは将来性が楽しみ。
ローズキングダムはマイルCSあたりがおもしろそうです。

ちなみに、ダノンシャンティは出走してても無印だったんだけど、前走、日本レコードでNHKマイルCを勝ち、どういう走りをするのか楽しみだったので残念です。馬券的にも。

俺の予想はこうです。

◎ペルーサ
○ヴィクトワールピサ
▲ヒルノダムール
△エイシンフラッシュ
穴レーヴドリアン

穴は東京でこそのレーヴドリアン。
皐月賞ではヒルノタムールに次ぐ上がりの脚を使い、ダービーに直結するきさらぎ賞2着というのは、人気薄で父スペシャルウィークの2着に突っ込んだ、ボールドエンペラーを彷彿させます。

ただ今の東京は先行有利の馬場で、近年の先行馬が穴をあけるという傾向から、皐月賞好走、もしくは人気で惨敗した先行馬(アサクサキングス、スマイルジャック、ロジユニヴァース、リーチザクラウン)に注意が必要です。
このタイプは、アリゼオ、もしくはゲシュタルトでしょうか。

ダービー馬に輝くのはどの馬なのか、
どんな見ごたえのあるレースになるのか楽しみです!

|

« 『サンタ・クルーズ』ザ・スリルズ | トップページ | 音楽サーフィンの旅!?『スーパーグラス vs MGMT』 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『第77回 日本ダービー』:

« 『サンタ・クルーズ』ザ・スリルズ | トップページ | 音楽サーフィンの旅!?『スーパーグラス vs MGMT』 »