« パンク・ロックの系譜!『ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ』 | トップページ | 早すぎたロックンロール・リヴァイバル!『ジョナサン・ファイアー・イーター』 »

『ロック名盤ベスト100』~2000年代の10枚~

00年代のベストアルバムも出揃ったところで、
「00年代のベスト10」を選んでみたいと思います。
ほんとは年末あたりにしておきたかったんですが、やっとこさです。

~個人的2000年代の10枚~

1.『アイム・ワイド・アウェイク・イッツ・モーニング』ブライト・アイズ
  現在を生きる若者のリアルでエモーショナルな歌声

    I’m Wide Awake,It’s Morning 

 
2.『イズ・ディス・イット』ザ・ストロークス
  00年代の幕開けを告げた「ロックンロールの発火点」

    イズ・ディス・イット

 
3.『ファースト・インプレッションズ・オブ・アース』ザ・ストロークス
  あくなき冒険と実験精神で辿り着いた、新たなる地平線

    ファースト・インプレッションズ・オブ・アース

4.『ヴァンパイア・ウィークエンド』ヴァンパイア・ウィークエンド
  変則的で多彩なアフロ・ビート、しなやかなミニマリズム

    ヴァンパイア・ウィークエンド

 
5.『クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー』クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー
  牧歌的なサイケデリック・フレーヴァー漂う、摩訶不思議ポップ

    クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー

 
6.『ハイリー・イヴォルヴド』ザ・ヴァインズ
  ニルヴァーナの繊細な激しさ+ビートルズのサイケデリア

    ハイリー・イヴォルヴド

 
7.『エコーズ』ザ・ラブチャー
  パンクとダンスの融合、ディスコ・パンク・エクスプロージョン

    エコーズ

8.『フランツ・フェルディナンド』フランツ・フェルディナンド
  誰もが踊れる、スタイリッシュなモダン・アート・ロック

    Franz Ferdinand

 
9.『ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット』アークティック・モンキーズ
  新たなロックの発火点を目指した、「新世代のロック」

    Whatever People Say I Am, That's What I'm Not

最後の一枚は何にしようか・・・、
いろんなアルバムが思い浮かぶので迷いますね~。

『サイエンス&ネイチャー』ザ・ブルー・トーンズ
『フリー・オール・エンジェル』アッシュ
『フューネラル』アーケイド・ファイア
『ヤンキー・ホテル・フォクストロット』ウィルコ
『アップ・オールナイト』レイザーライト
『コステロ・ミュージック』フラテリス
『ブラック・レベル・モーター・サイクル・クラブ』
『シンス・アイ・レフト・ユー』ザ・アヴァランチーズ
『リングス・アラウンド・ザ・ワールド』スーパー・ファーリー・アニマルズ
あとゴリラズ、デスキャブ・フォー・キューティー、クークス、ザ・スリルズ、
などなど・・・。

ウィルコは少し前に初めて聴いたんだけど、ブライト・アイズと通じるものがあって好きですね。


「ストロークス以降」パンクが当たり前に鳴らされるようになり、基本的にパンクが好きな俺にとっては嬉しい限りで、まだまだ聴いてないものはたくさんありますが、個人的にはとりあえずこういう順位になります。

年明け早々、ヴァンパイア・ウィークエンドのアルバムがビルボードで1位になったりしましたが、これからの10年、いったいどんな素晴らしい音楽が待ってるのか楽しみです!

『オーヴァー・アンド・オーヴァー・アゲイン』CYHSY
閉店休業状態のCYHSYですが、アレックは新バンド「フラッシー・パイソン」でアルバムを発表してるので、聴いてみたいです。  

次は、「00年代・日本のロックの10枚」をお送りしたいと思います。
そのうちに(笑)。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« パンク・ロックの系譜!『ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ』 | トップページ | 早すぎたロックンロール・リヴァイバル!『ジョナサン・ファイアー・イーター』 »

ロック名盤ベスト100」カテゴリの記事

00年代ロック」カテゴリの記事

コメント

ブライトアイズ1位とは嬉しいです! 今はどうしてるんだろ?みたいなバンドもありますがどれも自分が一番音楽を吸収したころのアルバムばかりなので個人的エピソードが多いです♪ ラプチャーめちゃ好きでした(笑)

投稿: 車輪 | 2010年4月 1日 (木) 21時36分

車輪さん、
CYHSYあたりまではどれが一位でもいいぐらいなんですが、ちょっと独自性を出したかったので、ブライトアイズを一位にしました(笑)。
ラプチャーは初めはあんまり好きじゃなかったけど、最近になってかっこよさに気づきました。
00年代はなかなかおもしろかったような気がします。あいかわらずインディ・ロックに活気があるので、これからどんな人達が出てくるのかが楽しみです!

投稿: william | 2010年4月 3日 (土) 00時39分

00年代、名前は知ってるけど音は知らないってバンドがほとんどの既に置いてきぼり感溢れる僕なので(涙)、貼ってくださってる動画ありがたく拝見しました。
勉強になります、本当に。

やっぱりコマメに新人さんのチェックもしないとダメだなぁ、と痛感しつつ、金銭的・時間的な問題から結局旧譜をあさってしまうんだろうな、とも思ってしまいます。

CDが高すぎるからアカンねん!と、どないしようもないことを呟いて退散します(笑)。

投稿: 古巣 鳴人 | 2010年4月 6日 (火) 02時17分

古巣さん、
俺も聴いてないのはたくさんあるので、
あくまで俺が聴いた範囲内でということで(^^)。
最近では失敗しないために、新人さんのはすぐには買わないようにしてます。そして年末の「ベスト・アルバム特集」なんかを見て、気になってたもので評価が高かったりするものを買ったりしてます。
リバティーンズが苦手で、UKロックが好きな古巣さんには、レイザーライトとフラテリスなんかがおススメです。これは間違いないと思います(笑)。

投稿: william | 2010年4月 7日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ロック名盤ベスト100』~2000年代の10枚~:

« パンク・ロックの系譜!『ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ』 | トップページ | 早すぎたロックンロール・リヴァイバル!『ジョナサン・ファイアー・イーター』 »