« ケンタッキー・フライド・チキン vs パステルズ | トップページ | 『TWO SUNSETS』パステルズ/テニスコーツ »

青春の疾走感!『But Tomorrow』ジャグアー

青春の甘酸っぱさや痛みと疾走感。
そういうものを感じさせる佳曲で、
たまに聴きたくなります。

『バット・トゥモロー』(1997)

バット・トゥモロウEP

『ヴィジョン』(1998)

 ヴィジョン

高いソングライティング・レベルの「名曲集」といった仕上がりのジャグアーのファースト・アルバムですが、俺の中では、ずば抜けた「これといったもの」が感じられなくて、印象が薄いです。

『いろんなレベルで俺たちの曲を解釈して欲しいと思ってるんだ。ジャグアーはこんなバンドです、っていうんじゃなくて、いろんな方向性やベクトルを持ったものでありたいんだ。で、そのなかのどの要素を引き出すかというのが、聴いた人それぞれに委ねられればいいなと思ってるんだよ。そういういろんな要素が混ざり合っているのが人生というものだし、その自分の人生に照らし合わせながらリスナーが俺たちの曲を聴いてくれれば一番いいと思うんだよね。それが生きるっていうことなんだからさ』
マルコム・カーソン(ヴォーカル/ギター)

 
「明日になれば、君は泣いてるかもしれないし、
笑ってるかもしれないよ。」

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« ケンタッキー・フライド・チキン vs パステルズ | トップページ | 『TWO SUNSETS』パステルズ/テニスコーツ »

音楽」カテゴリの記事

90年代UKロック」カテゴリの記事

コメント

いや~懐かしい。
最近すっかり聴いてませんでした。
明日早速出勤中に聴こうと思います。

しかしジャグアーって確かに悪くないのにあまりパッとしませんでしたよね。
グランジやヘヴィロックといったUS勢に押され始めたブリットポップの終焉期にノンビリ現れたせいでしょうか(笑)。

投稿: ヒゲ☆メガネ | 2009年11月 9日 (月) 02時42分

ヒゲ☆メガネさん、
いや~、俺もこの曲以外はあんまり聴いてませんでしたよ。
確かにジャグアー悪くはないんですよね~。
良くも悪くも平均的な曲で、器用なんだけど、なにかインパクトが足りない感じでしょうか。

投稿: william | 2009年11月10日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春の疾走感!『But Tomorrow』ジャグアー:

« ケンタッキー・フライド・チキン vs パステルズ | トップページ | 『TWO SUNSETS』パステルズ/テニスコーツ »