« 『ビレバンのソカバン』曽我部恵一BAND | トップページ | 珠玉の名曲!『ドライヴ』カーズ »

『a watercolor』スネオヘアー

10月に入りましたね。
完全に夏は過ぎ去ったみたいです。
そんな夏の終わりを感じる季節に、
このアルバムをずっと聴いてました。

『a watercolor』(2003)スネオヘアー

a watercolor

俺が選ぶ、「2000年代、日本のロック・アルバム 」第2位です。

『ピント』PVが笑えます。

宣言文的な一曲目「のびたテープ」で始まり、
アップ・テンポな二曲目の「ピント」へという流れ、
これは、ストーン・ローゼスやストロークスのファースト・アルバムのような、歴史を作った「名盤」と同じパターンです。そう思って比べて聴いてみるとおもしろいかも(^^)。

『ウグイス』佳曲です。

この年になった俺が、どういう音楽を好むかというと、自分と同年代のアーティストが、同じような立ち位置から発している(と勝手に思っている)音楽なんです。
まあ流行りとは関係なく自分の音楽をやってる人達です。
そんな好きなアーティストの中から、曽我部恵一、中村一義(100s)、ハナレグミ(永積タカシ)の新譜が偶然にも同時期(6~7月)に発売され、この夏はずっと愛聴してました。

ハピネス!

世界のフラワーロード#DVD付#

あいのわ 

ちなみに、この3枚のアルバム、
俺は心の中で「三種の神器」と呼んでました(笑)。

そしてスネオヘアーこと渡辺健二。
この遅咲きで俺と同じ年の男もそんな中のひとりです。

『a watercolor』の何に惹かれるのかというと、
多分、俺の心の中の心象風景と似ているからなんだと思います。
普段、表には出せず心の中で抱えている、そんな想いみたいなものが、このアルバムでは歌われている気がするんです。

とくに、後半の「セイコウトウテイ」「アオイソラ」「スピード」、
この怒涛の3連発は、俺的にきますね。

人生を見失いそうになる、そんな時に、胸に響いてきます。

『セイコウトウテイ』

~いつか成功、到底ムリだとわかったとしても~

『スピード』 

すれ違うばかりの通りに
響かない乾いた声
ちょうどノイズと無音の真中
そんな感じ

並んだ影は
混ざり合ってるけど
染みこむように薄らいで
消えてる

思うより早く世界はまわってる
急がなきゃこのままここで
ぼやいてる時間も無いさ

知らない誰かの噂で
気づけば踏み場も無いほど
それでも夕暮れ色づいて
優しく包んでみせる

高い鉄塔の上に吹いてる
遠くから来る風に
飛んで行きたいな

すごいスピードで
瞬きも出来ずに
まるで時間は止まってる
間違い無く動いている

思うよりも遥か
遠くに霞んでる
昨日を思うよりも
すぐに明日がやってくる

ああ 君はどんな空を見てるだろう
すれ違い紛れてく中に一人
そう どこで何を考えてるだろう
空は青く深く色を変えてゆくさ

そう 僕らが思うよりも早く
世界はまわってる
急がなきゃこのままで
止まってもいられないな

すごいスピードで
瞬きも出来ずに
まるで時間は止まってる
間違い無く動いている

 ベスト(初回生産限定盤)
 
最近のスネオヘアーは聴いてないんだけど、
出たばかりのベスト盤を買おうかなと思ってます。
 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『ビレバンのソカバン』曽我部恵一BAND | トップページ | 珠玉の名曲!『ドライヴ』カーズ »

音楽」カテゴリの記事

00年代邦楽」カテゴリの記事

スネオヘアー」カテゴリの記事

コメント

このアルバムは傑作ですよね。
この記事を見て、久しぶりに棚から引っ張り出してきました!

リリースされた当時は普通に良いアルバムだな~と思いましたが
あれから時が経って、どの曲も全く色あせない普遍的な素晴らしさがあります。
ボクは「ウグイス」と「セイコウトウテイ」が特に好きです。

投稿: コハゲ | 2009年10月 3日 (土) 22時55分

コハゲさん、
コハゲさんがスネオヘアーを聴いてるっていうのは、なんか意外ですね~(笑)。
このアルバム、スネオヘアーというふざけたような名前からは意外に思えるほど奇をてらったところがなく、時代の流行り廃りとは無関係なところで鳴ってるので、普遍的な良さがあるんでしょうか。

投稿: william | 2009年10月 4日 (日) 22時59分

最近…一月半、スネオヘアーにはまり出した新米ファンです。遅れた10年を取り戻そうと情報収集の最中に、こちらにふらり…ちい散歩してました。先月、風とロックフェスで初めてスネオヘアー様を拝見。スネオ様はちょくちょく「池ちゃん、池ちゃん…」愛されてるようにお見受けしました。

三種の神器の真ん中に池ちゃん(レキシ)がいるのですね…。
アフロが神々しい…『神』ですね…。

投稿: 通りすがり | 2009年11月 9日 (月) 11時20分

通りすがりさん、
通りすがりにコメントありがとうございます(笑)。

俺は逆に最近のスネオヘアーは知らないんだけど、当時、スペシャワでやってた「熱血スペシャ中学」での、スネオヘアーと池ちゃんのコンビはおもしろかったです(^^)。

三種の神器、池ちゃんと組んでたハナレグミと、池ちゃん所属の100s・・・、やっぱり池ちゃんは『神』ですね・・・(笑)。

投稿: william | 2009年11月10日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『a watercolor』スネオヘアー:

« 『ビレバンのソカバン』曽我部恵一BAND | トップページ | 珠玉の名曲!『ドライヴ』カーズ »