« 『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』マニック・ストリート・プリーチャーズ | トップページ | 『9.11』とビートルズ »

『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』ティーンエイジ・ファンクラブ

夏も終わりに近づいて、秋の気配が漂ってます。

本当は「夏の到来」を感じさせるサウンドとして、スリルズの後にティーンエイジ・ファンクラブを書こうと思ってましたが、すっかり予定が狂って遅れてしまいました。

『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』(1997)

ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン

ティーンエイジ・ファンクラブ(以下TFC)の5作目。
それまでTFCはそこそこ好きだったものの、いまひとつ物足りないものを感じていました。しかしこのアルバムで、俺の中では、ベル&セバスチャンとともに、90年代後期最も好きなバンドになりました。もちろんTFCの中でも1番好きなアルバムです。



TFCは、アルバム発表毎にソングライティングのレベルが上がってきて、このアルバムでは、よりマイルドになったシンプルなグッド・メロディと、美しいハーモニー、そして前向きで誠実な歌詞、すべての要素が溶け合って、バンドはまさに最高の時を迎えたんじゃないかという印象をうけました。

歌詞の面では、ノーマンが「大体僕はクールっていうコンセプトが嫌いなんだよ。これはただの音楽であって、音楽はクールになれるものでも、ファッションのステイトメントとして使うものでもない。もちろん、自分も含めて若い頃はいかにクールでいられるかってことをかんがえるもんさ。だから”LOVE”なんて言葉使えなかったんだ。でも今の僕はクールとは無縁でいることが野望になっているんだからね」というように、音楽シーンを意識したクールなかっこつけとは無縁です。

今ちまたで話題(ノエル脱退問題)のオアシスのリアムからは、「君たちの音楽は最高だね、俺たちの次にいいバンドだよ!」とめでたく”セカンド・ベスト・バンド・イン・ザ・ワールド”の称号をいただいたそうですが、TFCの姿勢の方がよっぽどパンクなので、当然こっちの方が好きでした。

~複雑かもしれないけど、やり直す時間はあるよ~
と歌われる、一曲目の『スタート・アゲイン』で始まり、
次の『エイント・ザット・イナフ』でいきなりハイライトを迎えます。

『エイント・ザット・イナフ』

~日が昇る、それで充分じゃないのか?
 澄んだ空のような真実、それで充分じゃないのか?
 トイタウンのような気分が思い出させてくれる
 夏が町にやって来たんだ、やることをやろう~

そして大好きな『ウインター』では、

~水が流れる場所
 誰にも邪魔されず
 いつまでも澄み渡っている空
 道なんてなくて
 緑茂った豊かな森林
 天国が回って歌う
 季節がすべてに変化を与える

 僕らに見つけられる世界はあるのか
 心の中にある隠された場所~

まさに俺の人生においても「冬の時代」が過ぎ、
「夏」がおとずれようとしていた時でした。
そういう瞬間に、こんな素敵な曲がたくさんつまった、
『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』と出会ったのです。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓関連記事↓
『サニーデイ・サービス』~ジャケットの風景写真の真実~

|

« 『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』マニック・ストリート・プリーチャーズ | トップページ | 『9.11』とビートルズ »

90年代UKロック」カテゴリの記事

ティーンエイジ・ファンクラブ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。

先日はブログの件でアドバイスをしていただきまして、ありがとうございました!僕は未だレビューというものをしたことがないので「出来るのか?」という不安もありますが、やってみようかと思います(笑)

僕もグラスゴー音楽が大好きで、そうなるとやはりTFCは避けて通れないバンドですよね。ですがお恥ずかしながら、本作は未聴です。なるべく早く聴いてみたいと思います!!

投稿: ぬるま湯 | 2009年9月 9日 (水) 16時02分

このアルバムは、グラスゴーっぽさがよく出ていますね。
個人的には、オアシスじゃなくてTFCが、ライブで合唱したいと思うバンドです。

投稿: note | 2009年9月 9日 (水) 21時40分

ぬるま湯さん、初めまして!
コメントありがとうございます(^^)。

アドバイスになったかどうか分かりませんが、俺はいまだにブログの機能を使いこなせてません(笑)。
正直、俺もレビューは自信ないんですよね、好きなアルバムや人に対して、基本的にはただ好きだってことを書いてるだけだし、そうじゃなくても思いついたことを適当に書いてるだけなんです。なので他の人は「すごいな~」と思いながらいつも読んでます。

ぬるま湯さんのブログ、楽しみにしてますので(笑)。

投稿: william | 2009年9月10日 (木) 00時18分

noteさん、
やはりこのアルバムタイトルとジャケット写真が全てを物語ってますよね。
まあ合唱というか、一緒に口ずさみたいなと思います(^^)。

投稿: william | 2009年9月10日 (木) 00時21分

TFCは私も大好きです。どのアルバムも最高ですが、コレは格別ですねぇ。タマランです(笑)。
私がギターポップにハマるキッカケを作ってくれたのがTFCだし、グラスゴーで一番好きなバンドもTFC。もう敬愛して止まない偉大過ぎるバンドでございま~す!!

投稿: おいどん | 2009年9月24日 (木) 21時37分

おいどんさん、
俺もグラスゴーで1番好きなのは、TFCです。
その中でもコレは、もっとも愛すべきアルバムですね。

TFCは、これからどんなサウンドを聴かせてくれるんでしょうか??さすがにこれ以上は期待してないんだけど、楽しみにしてます。

投稿: | 2009年9月24日 (木) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』ティーンエイジ・ファンクラブ:

» 『ティーンエイジ・ファンクラブ(TEENAGE FANCLUB)/Songs From Northern Britain』 [白猫目]
先日”スペインのTEENAGE FANCLUB”こと、ハッピー・ルーザーズの記事を書いたので、今回は本家TEENAGE FANCLUBの登場です。 すでにギターポップの範疇を超え、世界的な支持を集めるTEENAGE FANCLUB(TFC)。 本作は大名盤 [http://blogs.yahoo.co.jp/oidon11jp/18560248.html 『GRAND PRIX』] に続く、1997年発表の5thアル..... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 21時35分

« 『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』マニック・ストリート・プリーチャーズ | トップページ | 『9.11』とビートルズ »