« 『SON OF A GUN』ヴァセリンズvsニルヴァーナvsカヒミ・カリィ | トップページ | 『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』ティーンエイジ・ファンクラブ »

『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』マニック・ストリート・プリーチャーズ

あの頃、「本気」でマニックスが好きだった人達は、
今頃どうしているんだろう・・・。

このアルバムを聴くとそんな事を思ってしまいます。

『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』(2009)
マニック・ストリート・プリーチャーズ

ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ

『ノウ・ユア・エネミー』で失望してから、
もうマニックスのアルバムを買うことはないだろうと思ってましたが、

リッチー・エドワーズの詩、
スティーヴ・アルビニのプロデュース、

これらのキーワードと、決め手となったのは、
リッチーを彷彿させるジャケット(ジェニー・サヴィル)の絵でした。

まず、各曲ごとに、ニッキーによるサウンド面の解説や、ピストルズ、PILをはじめ、ニルヴァーナ、エコー&バニーメン、マガジン、ピクシーズ、ニック・ドレイクという、その曲のインスピレーション源を書いてるというのも、パンク/インディー・キッズ(心は)の俺にはそそられます。

そして、このアルバムのサウンドは、やはり「『ホーリー・バイブル』が次に必然的に導いたであろうアルバム」を目指しただけあって、もしリッチーがいれば、次はこういう感じになってたかもしれないと思わせるものでした。
さすがに『ホーリー・バイブル』ほどの切迫感や鋭さといったものはありませんが、大げさすぎない、ちょっとした抑揚の変化やリフで聴かす「マニックス節」ともいえる楽曲は、さすがジェームスといえます。

今でもマニックスとは「4人の絆」なんだという事を証明してみせる、時を超えた『ホーリー・バイブル』の続編もまた、傑作といえるでしょう。

だからこそ、このアルバムを聴いてると、強烈なノスタルジーに陥ってしまい、こういうことを想ってしまうんです。
当時、「本気」でマニックス(とくにリッチー)のことを好きだったさまざまな人たち(もうロックを聴いてない人もいるだろうし、マニックスに興味をなくしている人もいるでしょう)は、このアルバムを聴いてどんなことを感じるのだろうか・・・と。
俺がそうだから。

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村  

 
「アルバム・シークレット・トラック」

|

« 『SON OF A GUN』ヴァセリンズvsニルヴァーナvsカヒミ・カリィ | トップページ | 『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』ティーンエイジ・ファンクラブ »

00年代ロック」カテゴリの記事

マニック・ストリート・プリーチャーズ」カテゴリの記事

コメント

williamさん、こんばんは。
UK!UK!ROCKのRockfieldです。
マニックス、きましたね~。
実はマニックスにはじめて触れたのは、『LIFEBLOOD』からという新参者です(笑)とは言え、一聴して彼らの虜になり、あわてて全アルバムを買いに走った覚えがあります。最近ボーナストラック(ボーナスディスク)をつけて全アルバムが再発されましたね。買い直さなきゃいかんのかな~と迷ってます。
このアルバムも含め、きちんと聴き込んで私のサイトでも紹介したいと思っています。

投稿: Rockfield | 2009年9月 2日 (水) 19時33分

Rockfieldさん、
そうでしたか~、俺は「ライフ・ブラッド」から聴いてなかったけど(笑)。
『ステイ・ビューティフル』って初期のシングルを編集したミニ・アルバムも持ってますか?やっぱりマニックスを語るには、初期のシングル3枚なくしては語れませんからね。
俺は意外にボーナストラックってあんまり興味ないんですよね。だから買うことはないと思いますが。
マニックスのアルバム・レヴュー楽しみにしてます!
シャーラタンズのは全部読まさせてもらいましたよ(^^)。

投稿: william | 2009年9月 3日 (木) 23時55分

ハイ、あの頃「本気」でマニックスが好きだった人です(笑)。
最初で最後と言われた初来日公演にも行きました。
で、本作なのですがまだ未聴です(泣)。
中期以降のマニックスはやっぱり毎回ちょっと躊躇してしまうのですよ・・・

しかしwilliamさんのレビューを読むと、これはかなり期待できそうです!

投稿: コハゲ | 2009年9月 5日 (土) 09時06分

コハゲさん、
俺も最初で最後の来日公演行きたかったです(^^)。
このアルバムを聴いて感じるのは、良くも悪くも「安定感」でしょうか。初期の魅力でもあった「不安定さ」はここにはありません。マニックスには特別な想いがあるので、個人的には気にいってます。
ボーナス・トラックの2曲がなかなかいいし、初期のパンクっぽいシークレット・トラックがやはりいいです。

投稿: william | 2009年9月 6日 (日) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』マニック・ストリート・プリーチャーズ:

« 『SON OF A GUN』ヴァセリンズvsニルヴァーナvsカヒミ・カリィ | トップページ | 『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』ティーンエイジ・ファンクラブ »