« 『午前8時の脱走計画』シンバルズ | トップページ | 『one too many』Chocolat »

稀代の名曲!『If...』ザ・ブルートーンズ

稀代の名曲・・・、あくまで「俺」基準ですが、
歴史的な名曲というほどじゃないにしても、
その時代の俺にとって「大切」な曲です。

前回の『オリンピアン』ジーンと並ぶ名曲。

『If...』ザ・ブルートーンズ

【送料無料】リタ−ン・トゥ・ザ・ラスト・チャンス・サル−ン / ブルートーンズ

セカンド・アルバムの『リターン・トゥ・ザ・ラスト・サルーン・チャンス』(1998)収録。
このセカンド、ファーストの繊細な音から、グルーヴィーで極太なサウンドになってます。
ただ「イフ・・・」をはじめ、アルバム後半に好きな曲は数曲あるんだけど、アルバム的にはもうひとつの印象でした。
やっぱりブルー・トーンズの最高傑作はサードなので、「アー・ユー・ブルー~」も「イフ」も聴くことが出来るベスト盤がおすすめです。

この曲には、ちょっとした思い入れがあります。
 
ちょっとノスタルジックな話ですが・・・。
10年くらい前、奇跡的な出会いがありました。
いくつもの偶然が重なった、その出会いは”必然”のものでした。
まるで何世紀もの間、捜し求めていた人と巡り合ったような感覚のする、俺にとって「運命の人」でした。
そういう風に思える人と出会ったのは後にも先にもその人だけです。

ただその人には彼氏がいて、結ばれることはありませんでした。
それでもその人と一緒に過ごした時間や、夜遅くまで電話で話し続けた時間というものは、かけがえのない思い出として、俺の心に刻み込まれています。

自分で編集した(当時はまだ)テープを何本か渡したんだけど、最後に渡した時のものに、この曲を入れていました。

『If...』というタイトルをつけたテープのA面はこんな感じでした。

1.テンダー/ブラー
2.ソネット/ヴァーヴ
3.テリング・ストーリーズ/ザ・シャーラタンズ
4.アクロス・ザ・シー/ウィーザー
5.ドント・ルック・バック/ティーンエイジ・ファンクラブ
 (もしくはザ・ワイルド・ワンズ/スウェード)
6.オリンピアン/ジーン
7.イフ・・・/ブルー・トーンズ


この頃の俺の気持ちにぴったりくるものばかりだけど、
とくに『イフ』の歌詞は、俺の心境そのままでした。

今でも、この曲を聴くと、
「あの時、もし・・・」とかいった事を考えたりすることがあります。

 
 もしも君が
 9月の前に出ていくなら 覚えていて
 僕はまだ 中にいるんだと
 だけど渇いている・・・・・僕は渇いている

 そして君が
 何かを変えようとがんばっている時
 君は特別
 そして僕はがんばって
 そして死ぬだけ・・・・僕は死ぬ

 わかるよね
 君を欲しいと思う以上に
 君を必要と感じてる
 だけど君が欲しい
 いつまでも
 だから僕は、たぶん順番待ちしてるんだ

 僕にできるのは
 こういうばかな歌を君に聴かせることだけ
 僕は自分の時間の半分を
 言葉のリズムをひねり出そうと
 それだけに費やしている
 だんだん若くもなくなっていくけど
 君は気づかないだろうから
 ショーを続けていく

 時には
 吸って、飲んで考えめぐらせば
 奇跡がおきることもある
 君がおちこんでいるとき
 そのしかめ面を
 逆転してしまう・・・・・すっかりと

 そして君
 何かを変えようと
 がんばっている君は
 全然変わりはしない
 がんばってみて
 死ぬだけの僕と・・・・・僕は死ぬ

 そして今
 君の思い描いた夢は忘れ去られ
 許しあって
 それで世界は救われたんだ・・・・・元気出せよ!

 僕にできるのは
 こういうばかな歌を君に聴かせることだけ
 僕は自分の時間の半分を
 言葉のリズムをひねり出そうと
 それだけに費やしている
 だんだん若くもなくなっていくけど
 君は気づかないだろうから
 ショーを続けていく

 それは僕が暗闇の中を歩くせい
 もう二度と顔を見せることはないけど
 ただ僕はあるべき場所に
 姿を現すだけ

 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『午前8時の脱走計画』シンバルズ | トップページ | 『one too many』Chocolat »

90年代UKロック」カテゴリの記事

ザ・ブルートーンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稀代の名曲!『If...』ザ・ブルートーンズ:

« 『午前8時の脱走計画』シンバルズ | トップページ | 『one too many』Chocolat »