« 『木村カエラ』はこの曲だけで充分です。 | トップページ | 『ガール・イズ・マイン』マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー »

『ウエスト・エンド・ガールズ』ペット・ショップ・ボーイズ

昨日、久しぶりに夢を見ました。
夢を見たっていう記憶があるのは、かれこれ2・3ヵ月ぶりくらいですが、実際は覚えてないだけで、いつも見てるんでしょうね~。

どういう夢だったかというと、全然たいしたことはなく、
ペット・ショップ・ボーイズの『ウエスト・エンド・ガールズ』が聴きたくて、CDラックを探すんだけど、セカンド・アルバムの『Actually(哀しみの天使)』はあるのに、この曲が入ってるベスト盤は見つからない・・・という、他愛もない内容です。

そういう訳で、朝起きて早速CDラックからベスト盤を取り出し、
その日会社に持って行ってから、聴きました(^^)。

『ウエスト・エンド・ガールズ』

 
クールなラップとユーロ・ディスコのジョイントが新鮮でした。
80年代洋楽といえば、曲によっては、えらい昔っぽくて、古くさいと感じることもありますが、この曲(ペット・ショップ・ボーイズの曲全体的に)はあまりそういうことを感じさせません。

これは初めて聴きました。

『1984年のオリジナル・バージョン』

その後の活躍はご存知のとおりです。

『とどかぬ想い』

 
ダスティー・スプリング・フィールドとのデュエット・ナンバー。
「ウエスト・エンド・ガールズ」の次に好きな曲です。

『It' A Sin(哀しみの天使)』

最近新しいアルバムがリリースされてますが、
ベスト盤以降、聴いたことがありません・・・。

ディスコグラフィー ~ザ・コンプリート・シングルス・コレクション

  ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『木村カエラ』はこの曲だけで充分です。 | トップページ | 『ガール・イズ・マイン』マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー »

80年代洋楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ウエスト・エンド・ガールズ』ペット・ショップ・ボーイズ:

» ペット・ショップ・ボーイズ [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00109 ペット・ショップ・ボーイズのベストアルバム『ディスコグラフィー』(1991年) ペット・ショップ・ボーイズが、デビューして20年。 そして、このベストアルバムが91年発売なので、それから早15年。 流石に勢いは衰えて来たものの、今だ....... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 06時33分

« 『木村カエラ』はこの曲だけで充分です。 | トップページ | 『ガール・イズ・マイン』マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー »