« 『クルーキッド・レイン』ペイヴメント | トップページ | 『バレンタイン・キッス』 »

『パーク・ライフ』ブラー

『パーク・ライフ』(1994)ブラー

パークライフ

書くつもりはなかったんだけど、ペイヴメントのついでに書いとこかという、とりあえず的に(笑)。

当時、デーモンはペイヴメントのスティーヴ・マルクマスとプライベートで親友だと言ってた記事を思い出し、今年この2つのバンドが揃って再結成されるらしいということで、『クルーキッド・レイン』と同じ年に発表されたというつながりから、このアルバム。

1994年、英国は”ブリット・ポップ・ムーヴメント”に浮かれていました。これは、まさに”ブリット・ポップ”を象徴しているアルバムですね。

でも俺、このアルバムそんなに好きじゃなかったんですよね~。
いや悪くはないとは思うし、「売れた」というのもわかりますが・・・。

『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ』のアート的でもあり、ひねくれたポップセンスが好きだったし、デーモンの才能はかなりのものだと思ってたので、今後とてつもないアルバムを作るんじゃないかという期待感がありました。
が・・・、初めて聴いた時に、このアルバムは俺の期待とはちょっと違う方向に向かってるなと思いましたね。俺の勝手な期待とは逆に、一気に「大衆ポップ」にシフトしてました。いや悪くはないとは思うし、「売れた」というのもわかりますが・・・(笑)。

でも「エンド・オブ・センチュリー」は名曲だし、
「ジュビリー」も好きです。

この後、ブラーはスティーヴ・マルクマスの影響か否か、オルタナ化し、後期はコーネリアスの影響丸出し、さらにデーモンは「ゴリラズ」というまんまなユニットまで始めましたからね~。←このあたりはコーネリアス『ファンタズマ』の記事を参照してください。まだ書いてないけど(笑)。

昨日、なにか新しい発見があるかもと10何年かぶりに『パーク・ライフ』を聴いてみたけど、同じでしたね。やっぱりブラーは『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ』が最高傑作ですね!

Modern Life Is Rubbish

ブリット・ポップ関連↓

『君は鮮烈な青なのか、それとも盲目のまま過ごすのか?』

元祖英国の猿!『アイ・シュド・ココ』スーパーグラス

最高傑作!『テリング・ストーリーズ』ザ・シャーラタンズ

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『クルーキッド・レイン』ペイヴメント | トップページ | 『バレンタイン・キッス』 »

90年代UKロック」カテゴリの記事

ブラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『パーク・ライフ』ブラー:

« 『クルーキッド・レイン』ペイヴメント | トップページ | 『バレンタイン・キッス』 »