« 『刹那』小沢健二 | トップページ | 金返せアルバム!『ケイジャン・ダンス・パーティ』 »

『LIFE』小沢健二

人生で1番大事なことは何か?
そう問われれば、それは間違いなく『愛』です。

この時代に「愛」って言っても薄っぺらく感じるかもしれないし、人それぞれ、その人の価値観によって違うという意見もあるかもしれませんが、それはただその人が「知らない」だけのことで、「人は何のために生きているのか?」という魂レベルの話をすると、それは「愛の意味を知るため」に他なりません。

一言で『愛』といっても、そのカタチはさまざまです。
ただ言えるのは「愛することはむずかしい」ってことです(^^;)。

前置きが長くなったので、
ここまでのくだりは無視してください(笑)。

『LIFE』(1994)小沢健二

LIFE

ロックとはある意味コケおどしの音楽で、とくに若い頃は、いかにクールでいるか、かっこよく見せるかという部分があると思うんだけど、そんなフリッパーズ・ギター(日本のセックス・ピストルズ)時代を経て、ソロになってからの2枚目のアルバム。

前回も書きましたが、この頃のオザケンに対しては、”軟弱”というイメージがあり、聴いたことがなかったんだけど、何年後かに聴くようになって、このアルバムの良さがだんだんとわかるようになりました。

小沢健二もパンク(ニュー・ウェイヴ)の影響を受けて音楽を始めたんだと思うので、多分若い頃はこういう音楽をやるのはかっこ悪いと思ってただろうというのは想像出来ます。

そういうオザケンが、てらいもなく『愛』について歌ったこの『LIFE』は、クールに見せることよりも、本当に大事なことについてありのままに歌うことが、もっとも”硬派”なんだというのを教えてくれる、この時期のオザケンだからこそ作りえた奇跡的な一枚。

『ラブリー』

~とても寒い日に 僕ら手を叩き 朝が来る光 分かり合ってた!
 
 それで LIFE IS COMIN’BACK 僕らを待つ
 OH BABY LOVELY LOVELY こんなすてきなデイズ
 世界に向かってハローなんつって手を振る
 OH BABY LOVELY LOVELY 機嫌無敵なデイズ
 いつか僕ら外に飛び出すよ 君と僕とはドキドキしてるよ
 誰かの待つ歩道を歩いてく
 OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす~
 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『刹那』小沢健二 | トップページ | 金返せアルバム!『ケイジャン・ダンス・パーティ』 »

ロック名盤(邦楽)」カテゴリの記事

小沢健二」カテゴリの記事

90年代邦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492600/26875653

この記事へのトラックバック一覧です: 『LIFE』小沢健二:

« 『刹那』小沢健二 | トップページ | 金返せアルバム!『ケイジャン・ダンス・パーティ』 »