« 『有馬記念の法則』~前日予想~ | トップページ | 『刹那』小沢健二 »

『有馬記念の法則』~結果論~

「ダイワスカーレット、牝馬として37年ぶりの勝利!」

ダイワスカーレットは予想通りの強さでしたね!
俺の見解としては、ドバイワールドカップに出ても勝てるんじゃないかと思いますね。あそこで勝つ要素のすべてを兼ね備えてるんじゃないでしょうか。

ドバイDFに出走するウオッカと共に、
日本牝馬旋風を期待してます!

と話が先に進みすぎましたが、相手本線にしたマツリダゴッホ、
流れの中でああいう位置取りになってしまったんだと思うけど、
それはそれとしてジャパンCの好走で陣営や騎手に油断というか楽観的な雰囲気が出てしまったんじゃないかなと(苦手の東京であれだけ走ったんだから、得意の中山ではという)。
去年みたいなガムシャラさがなかったように感じました。

2着アドマイヤモナーク・・・、
この結果を見て、というか競馬の結果を見るたびにつねづね
「先入観は捨てなければいけない」と思ってます。

正直、「アドマイヤモナークはないわ」とまともに出馬表も見てなかったけど、あらためて戦績を見ると、いかにも「有馬」で穴を開けるタイプの馬でした。G2日経新春杯勝ち、中山の日経賞こそ3着ですが、京都大賞典2着、参考外の東京のG1で連続2桁着順の後(レベルの高いレースでもまれて)、右回りの有馬で一発というのは、アメリカンボスみたいですね。

前がやりあうなら大穴としてベンチャーナインがおもしろいと少し狙ったんだけど(穴として挙げていたエアシェイディは3着)、今考えるとベンチャーナインよりは全然買えてましたね(^^;)。

結果的には、エイシンデピュティの回避は大きかったと思います。
あれでダイワとしても展開的にだいぶ楽になったんじゃないかな。

「やはり、ダイワスカーレットは強い!」

有馬を終えての感想はこれに尽きます。

俺としては、年度代表馬はこの馬で決まりです!
今年G1勝ちは、この有馬だけですが、パフォーマンス的にという意味で。

有馬記念も終わってしまいました・・・、
最後の最後に予想を外してしまいましたが、
来年はもっと競馬で稼ぎまくりたいです(笑)。

にほんブログ村 競馬ブログへ

|

« 『有馬記念の法則』~前日予想~ | トップページ | 『刹那』小沢健二 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『有馬記念の法則』~結果論~:

« 『有馬記念の法則』~前日予想~ | トップページ | 『刹那』小沢健二 »