« 「ロック名盤ベスト100」~秋に聴きたい10枚~ | トップページ | 保育所の「表現会」に行ってきました。 »

『STRAWBERRY』曽我部恵一

「秋に聴きたいアルバム10枚」に選んだ中から、

『ストロベリー』曽我部恵一(2004)

STRAWBERRY

ソロになってからの前2作『曽我部恵一』『瞬間と永遠』が内省的なアルバムだったので、個人的には物足りませんでした(今では2枚共好きな作品ですが)。

2004年にローズ・レコードを立ち上げた後の曽我部は、
ダブルオー・テレサを引きつれ精力的にライヴをこなし、
バンド・サウンドを鍛え上げていきます。

そんなライヴのテンションがそのまま持ち込まれているアルバム。

 
問答無用の直情型ロックンロールの①で始まる、このアルバムは
曽我部恵一が再びロックンロールへの情熱を取り戻し、
そのエネルギーを爆発させた意欲作で、勢いのある楽曲と名曲「LOVE-SICK」など曽我部らしいメロウな曲とが混在一体化した傑作。

「俺はずっとこんなサウンドを待っていました!」

ほぼすべて一発録音によるラフなプロダクションが一部ではうんたらかんたら(批判?)と言われてますが、俺はそもそもこういう勢いやありのままの姿を閉じ込めたような作品が好きだったりします。きっちりとプロデュースされているものやソフィスケイトされた作品よりも。

そういう事を考えた時に真っ先に思い浮かぶアルバムは、
ザ・クラッシュの『白い暴動』です。

白い暴動

当時の熱気を閉じ込めたようなスタジオ・ライヴ一発録音のラフでざっくりとした剥き出しの音。これをショボイと思うかかっこいいと思うかそれぞれの音楽観で意見が分かれるところだけど、プロダクションがどうのこうのとかというものを音楽に求めてない俺は、当然「かっこいい派」です(^^)。
俺が求めてるのは”本質”で、そういう意味でこんなに”熱い”アルバムを俺は他に知りません。

そんなクラッシュのファーストと同じようなエネルギーを、
このアルバムを聴いた時に感じました。

とくにライヴ録音による「STARS」は、
ステージ上の熱気をダイレクトに伝えています!

 
そして、これはそのまま、現在の曽我部恵一バンドのロックンロール・モードへと繋がる一枚であり、2008年になった今でもヘビー・ローテしている最高傑作の一枚です!

 
「ロックンロール・ツアーまだまだ続きますまだまだ続きますまだまだ続きます、

”キング・オブ・メロウ・ロック!”曽我部恵一!!」

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 「ロック名盤ベスト100」~秋に聴きたい10枚~ | トップページ | 保育所の「表現会」に行ってきました。 »

ロック名盤(邦楽)」カテゴリの記事

曽我部恵一」カテゴリの記事

00年代邦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『STRAWBERRY』曽我部恵一:

« 「ロック名盤ベスト100」~秋に聴きたい10枚~ | トップページ | 保育所の「表現会」に行ってきました。 »