« 枯れた味わい!『リキッド・スキン』ゴメス | トップページ | 『STRAWBERRY』曽我部恵一 »

「ロック名盤ベスト100」~秋に聴きたい10枚~

秋も深まってきましたね。
というよりもう冬が近いけど。

そんな訳で秋に聴きたいアルバム特集です(とくに夜に)。
思い浮かんだものを挙げますが、後になって
「あー、あれもだったな」というのがたくさん出てきそうです。

「秋に聴きたいアルバム10枚」
 
41.『まぼろしの世界』ザ・ドアーズ
   
唯一無二の音楽性と存在感

   まぼろしの世界

「ハートに火をつけて」みたいなキャッチーな曲はありませんが、
ファンの多くが認めるドアーズの最高傑作!

『ジム・モリソン』1943-1971
 

42.『クロコダイルズ』エコー&ザ・バニーメン
   ポスト・パンク期に現れた、ダークな輝きを放つネオサイケ

   クロコダイルズ

バニーズの最高傑作はなにか?というのはまたの機会にして、
今回はドアーズの次という流れなので、このアルバム!
ジム・モリソンの影響丸出しのイアンのヴォーカルが微笑ましく、
ウィルの変質的なカッティング・ギターがかっこいい。

『ヘヴン・アップ・ヒアー』エコー&ザ・バニーメン
 

43.『ジョンの魂』ジョン・レノン
   ひとりの人間・ジョンによる魂の告白

   ジョンの魂(紙ジャケット仕様)

『PEACE BED』アメリカvsジョン・レノン

 
44.『ファイヴ・リーヴス・レフト』ニック・ドレイク
   不世出の天才詩人、果てしなく広がる孤独な風景

   ニック・ドレイク/ファイヴ・リーヴス・レフト

ニック・ドレイクの「BOXセット」欲しいっすね・・・。
 

45.『ワイルド・ウッド』ポール・ウェラー
   
ジャム、スタカンにつづく3度目の黄金期の到来

   ワイルド・ウッド(紙ジャケット仕様)

ファースト『ポール・ウェラー』も名盤だけど、今回はこっちで。
前作よりも肩の力が抜け、自信に満ち溢れた名盤。

愛聴盤!『ポール・ウェラー』



46.『アイム・ワイド・アウェイク、イッツ・モーニング』ブライト・アイズ
   現代最高(個人的に)の新世代シンガーソングライター

   I’m Wide Awake,It’s Morning

古典的でシンプルながら、個人的には2000年代に出たアルバムの中で一番好きな作品です。

 
47.『サイエンス&ネイチャー』ザ・ブルー・トーンズ
   「青の時代」を経てたどり着いた、メロウで優しい場所

   【送料無料】サイエンス・アンド・ネイチャー / ブルートーンズ

ファースト『エクスペクティング・トゥ・フライ』もいいけど。

『君は鮮烈な青なのか、それとも盲目のまま過ごすのか?』

 
48.『ニュー・ウェイヴ』ジ・オトゥールズ
   絶妙的に仕上げられた、メランコリックな短編映画集

同時期に華やかなデビューを飾ったスウェードやブリット・ポップ期のバンドの陰にかくれていますが、魅力的な作品です。

 
48.『ドローン・トゥ・ザ・ディープ・エンド』ジーン
   情熱的でリリカル、美しくも力強い「愛」の告白

ブリットポップ期のデコラティヴなバンドとは一線を画していた名作ファースト『オリンピアン』から力強くパワーアップ!

 
49.『宇宙遊泳』スピリチュアライズド
   サイケデリックでスペーシーなゴスペル・ミュージック

   宇宙遊泳

どこへでもトリップしてください(^^)。

 
50.『リキッド・スキン』ゴメス
   枯れた味わい!渋すぎる!!

   ゴメス/リキッド・スキン

普遍的なルーツ・ミュージックと
最新鋭のスタジオ技術との最高の出会い。

枯れた味わい!『リキッド・スキン』ゴメス

 

ついでに一枚、『24時』サニーデイ・サービス

   24時

夜といえば、サニーデイの最高傑作『愛と笑いの夜』や『LOVE ALBUM』も捨てがたいけど、今日は混沌のこのアルバムを。

サニーデイのラスト・アルバム!『LOVE ALBUM』

 
そして最後、『ストロベリー』曽我部恵一

   STRAWBERRY



現在の曽我部恵一バンドのモードに連なる、ロックンロールへの情熱を取り戻した、エネルギーに満ち溢れた傑作。
まさに「キング・オブ・メロウ・ロック」の真骨頂。
ソロになってからのものでは一番好きなアルバムです。

「STRAWBERRY」曽我部恵一

どうでしょう??
それ(秋)っぽいのを集めてみました。
 

最後に今日の一曲、
『キリング・ムーン』エコー&ザ・バニーメン。
超名曲です!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 枯れた味わい!『リキッド・スキン』ゴメス | トップページ | 『STRAWBERRY』曽我部恵一 »

ロック名盤ベスト100」カテゴリの記事

コメント

初コメです
ヨロシク御願いいたしまぁす

この前は私のショボブログにご訪問ありがとうございました

早速お邪魔させていただきました

良いですね〜
秋特集
なかなか渋いセレクトですね
良い感じですぅ

私もやってみようかなぁ

ちょくちょくお邪魔させて頂きます

これからもヨロシクお願いいたしまぁす

投稿: まーまー | 2008年11月18日 (火) 03時13分

まーまーさん、
こちらこそショボブログに
お越しいただきありがとうございます(笑)。

まーまーさんもぜひやってください(^^)。人のセレクトしたものを見るのもなかなかおもしろいもので。

俺もちょくちょくお邪魔させてもらうので
よろしくお願いします!

投稿: william | 2008年11月18日 (火) 23時42分

ニック・ドレイクのこのアルバムは未聴なんです。ずっと聴きたいと思っているのですが・・・。

スピリチュアライズドの宇宙遊泳、懐かしいっす。でも何処かにしまったか売ったと思います。


「キリング・ムーン」は名曲ですよね!


   

投稿: reds20061222 | 2008年11月19日 (水) 13時16分

redsさん、
ニック・ドレイク、俺は「ピンク・ムーン」が未聴なんです・・・、
ずっと聴きたいと思ってるんですが(笑)。

俺はあんまり聴いてないようなものとかでも、
とりあえず手元に全部おいてます。
いつふと聴きたくなるか分からないので。

エコバニは好きですね~。

投稿: william | 2008年11月21日 (金) 00時08分

ご訪問&コメント、ありがとうございました。
物凄く手のかかったブログですねー。とてもマネできません。(^_^;)
少しだけ遡って拝読させていただきました。とても興味深かったです。
ブライトアイズ、確かにこの季節にぴったりですね。
またお邪魔します。

投稿: 眠い悪魔 | 2008年11月25日 (火) 23時03分

眠い悪魔さん、
ご訪問ありがとうございます(^^)。
ほとんどは適当なんだけど、
たまに手間暇をかけたくなる時があるんです(笑)。
またお越しください!
俺もお邪魔させてもらいますので。

投稿: william | 2008年11月29日 (土) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492600/25275336

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロック名盤ベスト100」~秋に聴きたい10枚~:

» 『ロック名盤ベスト100』~ベスト20~ [毎日が夏休み!]
最近、今さらになってですが、「YouTube」を見るようになりました(笑)。今ま [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 12時21分

» No.22 ECHO AND THE BUNNYMEN/CROCODILES(1980) [ヒゲ☆メガネのCD見聞ROCK]
ただのニューウェーヴとは一味違うネオサイケデリアを象徴する一枚。 時に冷たく時に熱い、妖しくもどこか爽やかなエコバニのデビューアルバム。 [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水) 02時37分

» No.115 ECHO AND THE BUNNYMEN/CROCODILES(1980) [ほぼ週刊ろっきんf]
 【Title】 タイトル:CROCODILES 【Artist】 アーティスト:ECHO AND THE BUNNYMEN  【Release】 発表:1980年  【Label】 レーベル:KOROVA  (from ENGLAND) ポストパンク/ニューウェーヴ勃興の激...... [続きを読む]

受信: 2010年11月12日 (金) 02時08分

« 枯れた味わい!『リキッド・スキン』ゴメス | トップページ | 『STRAWBERRY』曽我部恵一 »