« 『CRAZY DAYS CRAZY FEELING』ZAZEN BOYS | トップページ | 愛聴盤!『ポール・ウェラー』 »

『ロック名盤ベスト100』~ベスト20~

最近、今さらになってですが、
「YouTube」を見るようになりました(笑)。
今まではあんまり興味なかったので(パソコンの機能とか全然分からないし・・・・)、ほかのブログを見た時に貼り付けていると、「あー、なんか映像があるなー」ぐらいにしか思ってませんでしたが、いろいろと見ているとけっこうおもしろいもんですね~(^^)。

ちょこちょこと見るついでに、
だいぶ前に書いた記事にも映像を貼り付けてみました。
 

「個人的ロック名盤ベスト20」

1.ロンドン・コーリング/ザ・クラッシュ
  擦り切れない、永久不滅なロックの名盤

    ロンドン・コーリング  

永久不滅の名盤!「ロンドン・コーリング」ザ・クラッシュ

 

 2.ハットフル・オブ・ホロウ/ザ・スミス
   
コンピ盤にして最重要作「最も美しかったスミス」    

 

 3.ザ・クラッシュ(白い暴動)/ザ・クラッシュ
   
「ロンドンは退屈で燃えていた」荒削りでとてつもなく熱い記録

    白い暴動  

 

 4.ウルフ・ソングス・フォー・ラムズ/ジョナサン・ファイアー・イーター  ストロークス登場前夜のNYに現れた「狼たち」の咆哮、
   
インテリジェンスでクールな最高のロックンロール  
   ヘンテコながら唯一無二のバンド・アンサンブル
 

  
 

5.グレース/ジェフ・バックリィ
   圧倒的な存在感、魂のヴォーカル

     グレース

永遠の名盤!「グレース」ジェフ・バックリィ

 

 6.デイ・ドリーム・ネイション/ソニック・ユース
   
パンクの灯をともし続けた、ノイジーで先鋭的なアート・ロック

     Daydream Nation

 

 7.ネヴァーマインド/ニルヴァーナ
   
すさまじい破壊力をもった「魂の叫び」

     ネヴァーマインド

 

 8.ネヴァーマインド・ザ・ボロックス/セックス・ピストルズ
   
永遠のマスター・ピース、すべての発火点

     勝手にしやがれ(紙ジャケット仕様)

ロックの歴史を変えた!「ネヴァー・マインド・ザ・ボロックス」セックス・ピストルズ

 

 9.イズ・ディス・イット/ザ・ストロークス
   NYロックの集大成、そして新しい時代の幕開け

     イズ・ディス・イット

10.ハートに火をつけて/ザ・ドアーズ
   
ロックの新しい扉(可能性)を開けた、パンクの祖

   ハートに火をつけて

「ハートに火をつけて」ザ・ドアーズ&ジム・モリソン

 

11.東京/サニーデイ・サービス
   
素朴でフォーキーな音楽の中にある、ポスト・パンクの心意気

     東京

 

12.ザ・ストーン・ローゼズ/ザ・ストーン・ローゼズ
   
きらめきのギター・ロック、エバーグリーン

     The Stone Roses

 

13.マーキー・ムーン/テレヴィジョン
   
ギターの硬質な響きと叙情性、NYパンクの記念碑

    マーキー・ムーン  

 

14.カフェ・ブリュ/ザ・スタイル・カウンシル
   
豊かな音楽的好奇心とクールで洗練されたセンス

     カフェ・ブリュ

 

15.天使のため息/ベル・アンド・セバスチャン
   
90年代後期、最も美しい音を鳴らしたバンド   

 

16.エンペラー・トマト・ケチャップ/ステレオラブ
   
近未来的ポップが織りなすファンタジー

     Emperor Tomato Ketchup

 

17.ファンタズマ/コーネリアス
   
世界の音楽シーンをリードしたバラエティ・ポップ

     FANTASMA

 

 

18.ベン・フォールズ・ファイヴ/ベン・フォールズ・ファイヴ
   
弾けるピアノ!「泣き虫野郎のパンク・ロック」

 

19.ウィーザー/ウィーザー
   
エモーショナルなパワー・ポップとカーズ風のひねくれたセンス  

 

20.セッティング・サンズ/ザ・ジャム
   
さらば青春の光!強靭なロック・ビート!

   セッティング・サンズ      

 
同じく20.スリー・アウト・チェンジ/スーパーカー
       
「青い」衝動!!

   スリーアウトチェンジ

青い衝動!「スリー・アウト・チェンジ」スーパーカー

 

とりあえず20枚挙げましたが、
適当に順番をつけただけとも言えます(笑)。

見てもらえれば分かると思いますが、いわゆるオールド・ロックの名盤はなく、「パンク」精神的な意味で)が好きな俺の、あくまで個人的に好きなアルバムを並べてます。
ほとんどは1番ロックにハマってた90年代によく聴いた、
あるいは好きだったものですね。

クラッシュを2枚選んだ以外は、同じアーティストのものは外してます。例えば、ウィーザー「ピンカートン」、ドアーズ「まぼろしの世界」、サニーデイ「愛と笑いの夜」など、違うアルバムのの方が最高傑作だと思ってたり、好きな場合もありますが、あえて「どっちか一枚」だけにしてます。

各アルバムやそのアーティストについても書きたいなと思いつつ、俺はなぜか、このブログで好きだったアーティストについての記事は書いたことがないんです(あっと、クラッシュとドアーズは書いたな、それと曽我部恵一みたいに現在進行形で好きなアーティストについては書いてるけど)。
その時に思いついたことを書くだけで、大切なものは胸にそっとしまっているという感じでしょうか(^^)。

まあこれからもいろいろと書いていきたいなと思ってます!

 
最後に今日の一曲、
『プリーズ・プリーズ・プリーズ』ザ・スミス


 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『CRAZY DAYS CRAZY FEELING』ZAZEN BOYS | トップページ | 愛聴盤!『ポール・ウェラー』 »

ロック名盤ベスト100」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も、この20枚の内17枚持っています。ジェフ・バックリィとステレオラブは、前々から欲しいと思ってましたが、なんか買いそびれてしまっているCDです。
あと、大好きだけどブログに書きにくいアーティストがいるというのには、すごく同意します。

投稿: note (from the 13th floor) | 2008年9月30日 (火) 05時33分

noteさん、こんにちは。
20枚中17とは、凄いですね~(笑)。
ジェフ・バックリィは俺にとって一生ものだと思ってます。
ステレオラプは当時の最先端の音楽だったので、
馴染むまで時間がかかりましたが、
その良さに気づくとこうなりました。
いつかは好きなアーティストについて書きたいと思ってますが、いつになるかは・・・。

投稿: william | 2008年9月30日 (火) 23時02分

こんばんは。
ジャナサン・ファイア・イーターは個人的に懐かしいです。

この中だったらベルセバが一番ですけど、他のもほとんど好きです。
スーパーカー以外は持っていました。

投稿: reds20061222 | 2008年10月 1日 (水) 20時21分

redsさん、こんばんは。
そうなんです、この「ベスト20」の1番の特徴はジョナサン・ファイア・イーターを入れているところなんです(^^)。リアル・タイムで聴いた中では最上位!世間的には失敗作といった評価だと思うけど、オリジナリティのあるサウンドが好きな俺好みでした。日本広しといえども、このアルバムをベストに挙げてるのは、俺だけでしょう(笑)。

ベルセバは90年代後半、1番好きなバンドでした。
ティーンエイジ・ファンクラブも。

投稿: william | 2008年10月 2日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ロック名盤ベスト100』~ベスト20~:

« 『CRAZY DAYS CRAZY FEELING』ZAZEN BOYS | トップページ | 愛聴盤!『ポール・ウェラー』 »