« 「楽園の扉を叩く歌!」ジェイソン・ムラーズ | トップページ | 今日聴いた音楽。 »

夏の一枚!『ロケット・トゥ・ロシア』ラモーンズ

”シンプル・イズ・ビューティフル・アンド・ファン!”

Rocket to Russia

革ジャンに穴あきジーンズといういでたちで現れ、
原始的ともいえる1曲2分の3コードのロックンロールを叩きつけて、
テクニック至上主義に陥っていたロックにダイナズムを取り戻し、
シーンの流れを一気に変えたファースト『ラモーンズの激情』。

この『ロケット・トゥ・ロシア』は、77年発表の傑作サード。

「ロッカウェイ・ビーチ」「シーナはパンク・ロッカー」とキャッチーなシングル2曲を筆頭に、ビーチ・ボーイズが歌った「ドゥ・ユー・ウォナ・ダンス」や「サーフィン・バード」というカヴァー曲を含めて、ビーチ・ボーイズ風のポップ感覚とラモーンズのロックンロール・ビートが融合されたカラフル・ポップなアルバムで、アルバムタイトルと裏ジャケットの楽しさを含めて痛快丸かじりな一枚。

話は少しズレますが、いろいろなブログを見て実感するのは、
俺がリアルタイムで聴いてきた音楽に対する認識と、
後追いで聴いた人との認識のずれというか温度差の違い。
まあそれは当たり前のことだと思ってますが。

例えばニルヴァーナ。
俺が、なんの予備知識もなく、ある日「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」を聴いた時の衝撃。
今の人が、すべての物語やその後の音楽シーンを知った上で、ひとつの古典的名盤として聴く「ネヴァー・マインド」。
やっぱり違って当然でしょう。

なぜこういう事を書いたかというと、俺は84年に洋楽に目覚めたので、それ以前の音楽について書く場合、リアルタイムで聴いてきた人にとっては、的外れかもしれないからです(笑)。
それと、後追いで聴く場合、どのアルバムから入るかで、全然違ってくる場合があるんじゃないかと思います。

それらを踏まえて、ラモーンズのベストといえば??
リアルタイムで聴いてた人や(俺にとっての「スメルズライク~」みたいなものでしょうか)、後追いでファーストから入った人なら、ほとんどが『ラモーンズの激情』をあげるかもしれませんが、『ロケット・トゥ・ロシア』から入った俺からみれぱ、ラモーンズのベストは間違いなくこのアルバム。
このアルバムのキャッチーさの後で、ファーストを聴くと、
単調な感じがしてなにか物足りません。すみません(^^;)。

Ramones

夏にぴったりな一枚です!!

 

『ロッカウェイ・ビーチ』

 

「キラー・ビーチ」ミッシェル・ガン・エレファント

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 「楽園の扉を叩く歌!」ジェイソン・ムラーズ | トップページ | 今日聴いた音楽。 »

パンク/ニューウェイヴ」カテゴリの記事

70年代ロック」カテゴリの記事

ラモーンズ」カテゴリの記事

コメント

ラモーンズ、そういえば名前は知ってるけど聴いた事ないなぁ・・・と。ということで、自分は完全に後追いってことですね。
音楽も今までに無かった音が出た時、それをリアルで初めて聴いた人の衝撃は凄かったでしょうね。ロックンロールやパンクとか、当時リアルタイムで聴いた人はさぞかしビックリしただろうな・・・と。
自分はヘッドフォンでステレオの音を聴いた時が、一番の衝撃でした(^^;

投稿: ごまめ | 2008年8月19日 (火) 01時16分

RAMONES、僕も完璧に後追いでした。
なんせハードロック、メタルから入ったもので・・・

そういえばROMANESってバンドありますね。
http://romanesluv.fc2web.com/

投稿: コハゲ | 2008年8月20日 (水) 22時59分

こんばんは。
僕はパンクはリアルタイムじゃないので、何も言えませんがラモーンズだったら「ラモーンズの激情」より「ロケット・トゥ・ロシア」の方が聴いた回数は多いです。

何故かUSパンクよりUKパンクに惹かれてしまっています。


ニルヴァーナはリアルで聴いていました。
後追いの人とリアルだと差がでるのはしょうがないですが、どちらも貴重な意見ですよね。

すみません、あとリンクさせていただいてよろしいでしょうか?

投稿: reds20061222 | 2008年8月20日 (水) 23時04分

はじめまして、トラバ有難うございます。
せっかく頂いたのですが、トラバのお返事が上手く行きませんでした。申し訳ありません。
ラモーンズと初期パンクは大好きです。
今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 海老太郎 | 2008年8月21日 (木) 00時49分

>ごまめさん
やっぱりリアルタイムで出会った衝撃というものは、
いつまでも忘れませんね。
中1の時に、洋楽に目覚めた為、
今だにロック漬けの毎日です(^^;)。
これからもそういう衝撃の音に出会えるんでしょうかね~。

投稿: william | 2008年8月22日 (金) 23時52分

>コハゲさん、
俺も一時期はハード・ロックにハマってましたが、
パンクに出会ってからは、現在に至るまで、
パンク的な(精神的な意味で)サウンドが好きです。
例えば「音」としては、全然パンクじゃなくても
これまでの価値観を打ち破るようなサウンドだったり。

「ロマーンズの劇場」なかなかおもしろいですねー(^^)。

投稿: william | 2008年8月23日 (土) 00時04分

>redsさん、
redsさんも「ロケット・トゥ・ロシア」派という訳ですね(笑)。
俺もUKパンクの方が好きですよ。
やっぱりロックが1番スリリングだったのは、
あの時代だったんじゃないてでしょうか?
「熱い」時代でした。

でもNYパンクのクールさも好きです。
とくにテレヴィジョンは好きです。

リンクぜひお願いします(^^)。

投稿: william | 2008年8月23日 (土) 23時53分

>海老太郎さん、こんばんは。
また「パンク」の記事を読みに、
海老太郎さんのとこに遊びに行きますね(^^)。
こちらこそよろしくお願いします!

投稿: william | 2008年8月24日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の一枚!『ロケット・トゥ・ロシア』ラモーンズ:

« 「楽園の扉を叩く歌!」ジェイソン・ムラーズ | トップページ | 今日聴いた音楽。 »