« サニーデイのラスト・アルバム!「LOVE ALBUM」 | トップページ | 『コステロ・ミュージック』ザ・フラテリス »

『ジム・モリソン』1943-1971

7月3日・・・、
ジム・モリソンが死んでから、今日でちょうど37年です。
同じ年に生まれてる俺も37歳という事になります(^^)。

ドアーズの最高傑作といえば、
間違いなくセカンドの『まぼろしの世界』でしょう。

Strange Days

 
ファーストほどキャッチーじゃないし、
「ハートに火をつけて」みたいな大ヒット曲はありませんが、
アルバムトータルの完成度を考えるとこれでしょう!

ロック史に残る独特なジャケットは、ファーストのジャケットが嫌いだったメンバーが、自分たちの写真をジャケットに使わないことで、エレクトラと一戦交えて、小人や怪力男といった人たちをサーカスから探してきたそうです。

ところで、ドアーズって今いち世間的評価が低いような気がするんですよね、ヴェルベット・アンダーグラウンドやプロト・パンクのバンドに比べて。
ドアーズを知らない人が聴いたとして、たしかに一聴しただけでは、その良さは分かりにくいんじゃないかという気はします。
見かけ的に轟音ギターだとか爆音を鳴らしたりといった「ガツン!」とくるような音楽じゃないし。かといって聴きやすいというのでもないし。

ジム・モリソンの圧倒的なカリスマ性とオルガンをフィーチャーした、独特の音楽性から、フォロワーは皆無(真似が出来ないので)でした。
しかし、その後時代を超えてドアーズに影響を受けたアーティストがたくさん出てきました。とくにパンクの精神性を持つバンドに。
イギー・ポップやパティ・スミスはジム・モリソンの大ファンだったし、
テレヴィジョンは、ドアーズの所属していたレーベルという事で、
「エレクトラ」と契約し、ストラングラーズは「パンク版ドアーズ」、
エコー&ザ・バニーメンは「ネオ・サイケデリック」と呼ばれ、
ヴォーカルが詩人で、ヘンテコなオルガンのジョナサン・ファイアー・イーター、それらの集大成として登場したのがジム・モリソン風の詩を歌ったストロークスでした。それからも不穏な音を鳴らしたブラックレベル・モーター・サイクル・クラブと、思い浮かぶだけでこれだけです。
ジェフ・バックリィもジム・モリソンの大ファンでした。


~ドアーズがパンク・ロックに与えた影響は大きいと思うんだけど~


という質問に対して、メンバーのレイ・マンザレクは、
こう答えていました。

「ドアーズの音楽が影響を与えているとは思えないな。というのは、
パンク・ロックはまったくドアーズの音楽とは異なるからね。
パンクはとても速いし、いつもクレイジーだから。
ドアーズのパンク・ロックへの影響はドアーズの態度とかムードという点から、ミュージシャンに対してかなり強いものがあったと思う。
そしてモリソンがそれらの人々にとって象徴とされていたものは、
自由、「感性の自由」だったんだ。すべての義務や束縛を破ることだった。自由になるために、クレイジーになるために、そしてワイルドになるために。」

~続けて、ジム・モリソンについて~

「ジムは妥協することが出来ない男だった。だから彼は長生き
出来なかったんだ。彼は本当に純粋なアーティストだったよ。
彼は権威に屈服する男ではなかった。権力を持った奴ら、
警察や政府はいつも彼のことを警戒していたよ。そして彼らは、ジムが一人の普通の良いアメリカ人であることを欲していた。
野生の動物を飼いならそうとしたんだよ。彼は野獣だったよ。しかし、彼を飼いならすことはできなかったし、彼は飼いならされはしなかった。
彼は人に妥協する男ではなかった。妥協とはつまり、この社会の方法に従うことだけど、彼は「NO」と言っていた。そして従うことはないだろうと言っていた。彼はいつも社会や権力に対して疑い、指導者たちについても疑問を持っていた。だから決して従わないと言ってた。彼のそういった面がとても魅力的なんだ。なぜなら彼はそういった方法において、とても強烈で、心理的、精神的に、一つひとつ、一人一人に対して物凄く強い男だった。僕は彼のような人を見たことがないよ。」

もし、解散してたり、亡くなっている人たちを含めた、全てのアーティストの中から、一組だけその時代に行ってライヴを観られるとしたら、
俺なら迷わず「ジム・モリソンのいるドアーズ」でしょうね!

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ドアーズ~40周年記念ミックス~

前編『ハートに火をつけて』

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« サニーデイのラスト・アルバム!「LOVE ALBUM」 | トップページ | 『コステロ・ミュージック』ザ・フラテリス »

ロック名盤(洋楽)」カテゴリの記事

60年代ロック」カテゴリの記事

ドアーズ&ジム・モリソン」カテゴリの記事

コメント

ハートに火をつけては 名曲ですよね。
エド・サリバンショーに出演して歌詞を差し替えて
歌わなかったのも、モリソンの反抗的な姿勢だった
のでしょうか?

投稿: dio54 | 2008年7月 4日 (金) 19時27分

彼がいなかったら きっと沢山のアーティストが
この世に出てこなかったのだと思いますよ。
CrazyだけどPureな魂を持っていた彼・・・
私もその時代に見てみたかった・・・

そんな私も彼が没の年に生まれていて37歳
月日に驚きますね

投稿: のの | 2008年7月 7日 (月) 00時30分

dio54さん、
コメントありがとうございます(^^)。
詳しくは知らないんだけど、そうだったんじゃないかな??
「ハートに火をつけて」はやっぱり1番な曲ですね~。

投稿: william | 2008年7月 8日 (火) 23時41分

ののさん、いらっしゃいませ(^^)。
もう37歳になってしまいました・・・、
自分ではまだ20代、ヘタすれば10代の感覚だけど、
ほんとに月日が経つのはあっと言う間です(笑)。

投稿: william | 2008年7月 8日 (火) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ジム・モリソン』1943-1971:

» Jim Morrison & The Doors - An American Prayer [ロック好きの行き着く先は…]
 1971年7月3日、アメリカの産んだ偉大なるカリスマ、そしてトカゲの王がフランスで謎の死を遂げる。60年代から走りまくってきた奔放さから離れ... [続きを読む]

受信: 2008年7月 7日 (月) 22時15分

» ドアーズ 3 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00394 ドアーズのセカンドアルバム『まぼろしの世界』 (1967年) 昔の人は偉大です。 だって、脅威のファーストアルバムで衝撃を与えたドアーズが、経ったの半年後にこのセカンドアルバムを発表するのですから。 それもファーストに負けず劣らずの....... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 22時06分

« サニーデイのラスト・アルバム!「LOVE ALBUM」 | トップページ | 『コステロ・ミュージック』ザ・フラテリス »