« 帰ってきた、ザ・ヴァインズ!『メロディア』 | トップページ | 夏の1曲!「南の島へ行きましょう」SOFFet(ソッフェ) »

『君と僕の第3次世界大戦的恋愛革命』銀杏BOYZ

『君と僕の第3次世界大戦的恋愛革命』銀杏BOYZ

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命

銀杏BOYZけっこう好きなんですよね~。

とはいっても、今の俺にピッタリくるというんじゃなく、
もし俺が高校生ぐらいなら「こいつらすげえ!」といって、
めちゃめちゃ好きなバンドだろうなという感覚の好きさです。

という事は、中学生くらいで、ゴーイング・ステディの「童貞ソー・ヤング」にハマってるんだろうなというのも想像できます(笑)。

童貞ソー・ヤング

好きといっても、このアルバムしか聴いたことないけど。
当時、デビュー・アルバムが2枚同時発売だったけど、
タイトルとこのジャケット(小学生の時にジャンプで読んでた「ストップひばりくん」を描いてた江口寿の絵)に惹かれて、こっちのアルバムだけ買いました。

ある意味、このアルバムを聴いただけで充分でしょうね。
最高な奴らです。

このアルバムを買った時に、昔からのサニーデイ・ファンの俺にとっては、ある疑問がありました。
曽我部恵一の当時のロックンロール・ツアーのタイトルが、
『無政府主義的恋愛』(DVDも出てます)で、銀杏のアルバムタイトルもニュアンス的に似てる感じがしたのと、

【送料無料選択可】曽我部恵一/無政府主義的恋愛

アルバムの中の最後の3曲のタイトルが「東京」「青春時代」「若者たち」と、サニーデイ・サービスの初期の曲名に酷似、というかまんまだったので、何か関係があるのかなと思いました。

若者たち

その疑問が解明されたのはほどなくしてでした。

ある雑誌の峯田のインタビューでの、曽我部恵一をリスペクトしてるという発言や、違う雑誌では2人が対談してるのを見て、「ああ、そっだったんやな!」と納得しました(^^)。
この後、曽我部恵一のアルバムに銀杏のメンバーが参加してます。

~悲しい事件や争いごとが世の中たくさんあるけど
 君がそばにいてくれたら もう平和なのさ~『スクール・キル』

もし銀杏BOYZを聴いていて、「君」がいれば「あんな事件」も「こんな事件」も起こらなかったんじゃないかと思ったりもします!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 帰ってきた、ザ・ヴァインズ!『メロディア』 | トップページ | 夏の1曲!「南の島へ行きましょう」SOFFet(ソッフェ) »

00年代邦楽」カテゴリの記事

銀杏BOYZ」カテゴリの記事

コメント

銀杏は聴いた事ないのですが
全身のゴーイング・ステディーの『さくらの唄』は
僕の青春時代の一枚です。

高校生くらいに聴けば・・・云々の気持ちは良く分かります。
あのアルバム(『さくらの唄』)は意を決しないと聴けないくらい思い出深いです。

そういえば、サニーデイが再結成したとかどうとか。

投稿: まさゆき | 2008年7月26日 (土) 23時33分

>まさゆきさん
俺は、なぜ思春期に聴いてなかったんだろうと思う
アーティストがたくさんいます。
スミス、ピストルズ、クラッシュとか。
銀杏ボーイズは単純に好きですね。

サニーデイ・サービス再結成してましたねー。
まさゆきさんに言われて知りました(^^)。
相変わらず曽我部恵一は働きもんすね(笑)。

投稿: william | 2008年7月30日 (水) 22時17分

確かにアルバムタイトルとか曲名は
ニュアンスが似てるなと思っていたんですが。
なるほど!
峯田くんと曽我部さんには
そんなつながりがあったんですね!
なんかスッキリしました、
ありがとうございました☆

投稿: KUI | 2009年1月15日 (木) 09時15分

KUIさん、
やっぱり自分が好きになるアーティストというのは、
どこかでつながっているもんです。
たとえばサニーデイが好きになった時に、曽我部のインタビューとかを読んだら、好きなアーティストの名前をに自分の好きな人がズラッと並んでたり。それでいっそう好きになったりと。

投稿: william | 2009年1月18日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『君と僕の第3次世界大戦的恋愛革命』銀杏BOYZ:

« 帰ってきた、ザ・ヴァインズ!『メロディア』 | トップページ | 夏の1曲!「南の島へ行きましょう」SOFFet(ソッフェ) »