« 夏の1曲!「南の島へ行きましょう」SOFFet(ソッフェ) | トップページ | サニーデイ・サービス再結成! »

13年振り!『22ドリームス』ポール・ウェラー

ヴァインズと一緒に買ったアルバムがコレです。

『22ドリームス』ポール・ウェラー

22ドリームス(初回生産限定デラックス・エディション)

ファンク、ソウル、フリー・ジャズなど多岐にわたるサウンドで、
ウェラー流の「サージェント・ペパー」みたいなアルバム。
聴けば聴くほど味わいの出る、感動的な作品です!

実はポール・ウェラーのCDを買うのは『スタンリー・ロード』以来、
なんと13年振りなんです!
その間に出たアルバムは聴いたことありません(^^;)。

とはいっても、けっして嫌いという訳じゃなく、それどころかポール・ウェラーは俺にとって、最も好きなアーティストの一人なのです。

簡単に俺のポール・ウェラー遍歴を書くと、
80年代後半~90年代前半あたりに、スタイル・カウンシルばっかり聴いていた時期があり、その後、後追いで、ジャムを聴きました。

そして、ドン底の中発表された、
92年のソロ第一作『ポール・ウェラー』、
このアルバムは、現在、ウェラーの作品中、
最もひっぱり出して来て聴く回数の多い、「愛聴盤」となってます。

ポール・ウェラー

さらに、93発表の『ワイルド・ウッド』は、ウェラーの全キャリア(ジャム・スタカンを含む)の中でも最も好きな作品です。

ワイルド・ウッド(紙ジャケット仕様)

この頃は、間違いなく1番好きなアーティストでした。
なぜ『スタンリー・ロード』以降、聴かなかったのかというと、
簡単にいえば「モッド・ファーザー」に君臨したウェラーに興味がなくなったというのか、共感する部分がなくなったといったとこでしょうか。

やはりジャム~スタカン~ソロに至る生き方が好きでした。

サマソニが楽しみですね。俺は行かないけど(笑)。

最後に、ポール・ウェラーの全キャリアの中で「好きな曲ベスト5」、

1.アバヴ・ザ・クラウズ/ポール・ウェラー
2.タンブリング・ダウン/ザ・スタイル・カウンシル
3.チューブ・ステーション/ザ・ジャム
4.ゴーイング・アンダーグラウンド/ザ・ジャム
5.ムーン・オン・ユア・ピジャマズ/ポール・ウェラー

あと、スピーク・ライク・ア・チャイルド、イン・ザ・シティと続きます(^^)。
 

『ゴーイング・アンダーグラウンド』ザ・ジャム

 
『タンブリング・ダウン』スタイル・カウンシル

 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 夏の1曲!「南の島へ行きましょう」SOFFet(ソッフェ) | トップページ | サニーデイ・サービス再結成! »

00年代ロック」カテゴリの記事

ポール・ウェラー」カテゴリの記事

コメント

ポール・ウェラーは多作な方だと思うので、全作品を好きになるのはさすがに厳しいかもしれませんね。
昔(10年前)は単独ツアーで仙台にも来てくれんたんだけどな・・・・

投稿: m2 | 2008年8月16日 (土) 00時51分

m2さん、こんにちは。
ジョン・ライドンもそうだけど、
ポール・ウェラーも一度は観てみたい人ですねー。

投稿: william | 2008年8月19日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 13年振り!『22ドリームス』ポール・ウェラー:

» スタイル・カウンシル [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.01240 スタイル・カウンシルのベストアルバム『コレクション』(1996年) 時間が足りません。 平日は遅くまで仕事をするか、仕事が終ったらジムへ行くかなので、どちらにしても家に帰るのは深夜12時を過ぎてしまします。 なかなかブログの更新が出....... [続きを読む]

受信: 2008年9月16日 (火) 00時37分

« 夏の1曲!「南の島へ行きましょう」SOFFet(ソッフェ) | トップページ | サニーデイ・サービス再結成! »