« 夏の1曲!「夏なんだな」ザ・ハイロウズ | トップページ | 『君と僕の第3次世界大戦的恋愛革命』銀杏BOYZ »

帰ってきた、ザ・ヴァインズ!『メロディア』

昨日、タワレコに行きました。CDショップに来れるのは月1~2回なので、何かCDでも買おうと新譜のチェックをしました。とはいっても、子供も一緒なので、そんなにじっくりも出来ませんが・・・。

『MODERN GUILT』ベック

Modern Guilt

『BEAUTIFUL FUTURE』プライマル・スクリーム

ビューティフル・フューチャー

『残響』シガー・ロス

残響

『22ドリームス』ポール・ウェラー

22ドリームス(初回生産限定デラックス・エディション)

この辺が目につき、どれにしようかかなり迷いました。

ストロークスのギタリスト、アルバート・ハモンド・ジュニアのソロ・アルバムが出てたので、数曲試聴してみると、かなり気にいったので、これをまず買おうと思いましたが、輸入盤だったので、とりあえずパス。

コモ・テ・ヤマ? (DVD付 初回生産限定盤)

そして2枚買おうと決めていた、そのうちの一枚、
輸入盤だったけど、文句なく『Melodia』ザ・ヴァインズに決定!

 メロディア

今日、とりあえず聴いてみましたが、良くも悪くもまぎれもなくヴァインズという印象(笑)。一聴しただけではよく分からなかったので、続けて聴きましたが、ファーストみたいなキャッチーな曲がないのか、仕事しながらだったので今いちどういう内容なのかつかめませんでした。

たった2回聴いただけだと、少し前に出たウィーザーの『ザ・レッド・アルバム』と同じような感じ。

ザ・レッド・アルバム

当分、ヘビー・ローテかな(^^)。
 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 夏の1曲!「夏なんだな」ザ・ハイロウズ | トップページ | 『君と僕の第3次世界大戦的恋愛革命』銀杏BOYZ »

00年代ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた、ザ・ヴァインズ!『メロディア』:

« 夏の1曲!「夏なんだな」ザ・ハイロウズ | トップページ | 『君と僕の第3次世界大戦的恋愛革命』銀杏BOYZ »