« 「ハートに火をつけて」ザ・ドアーズ&ジム・モリソン | トップページ | プロ野球開幕&競馬はクラシックシーズン到来 »

「死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚」

買ってしまいました。5500円もする「死ぬまでに聴きたいアルバム
1001枚」という分厚い本を(^^)。

死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚

1950年代から2007年までの、時代を代表する名盤から、アーティストによっては意外な知る人ぞ知るといった、1001枚のアルバムが各時代ごとに、バランスよくまとめられてます(個人的には、ウィーザーの最初の2枚が入ってないのが不満、あとダムドのファーストも)。

こういう本好きなんですよね~(笑)。5センチちょっとという分厚さなので、各アルバムの詳しい情報とトリビアが満載で、聴いたことのないアルバムでも、その音を想像して楽しむことも出来るし、オールカラーなので、暇なときなど、なにげなくパラパラと見て楽しむことも出来ます。

本当は高いので、買う気はなかったんですよね。
3月は俺の誕生月で、嫁さんに「誕生日なんかいる?と聞かれたので、とくに欲しいものがなく、ちょうどこの本の存在を知った後だったので「じゃあ、この本かな~」と。

人によっていろいろと楽しめると思うので、ロックや音楽好きの人、
興味ある人は、一生ものなので、ぜひ(^^)。

ついでに「3月」つながりで、もう一冊。
”ミスター平凡”千原ジュニアの2冊目の自伝。

3月30日

「俺の笑いが分からないなら、見なくていい」と考えていたジュニアが、バイク事故のあと、「笑いをたくさんの人と共有したい」と思うようになったこととか、現在「ロンハー」で”キング・オブ・普通”と呼ばれるに至った道のりなどが書かれてます(笑)。ちなみに「3月30日」は、ジュニアの誕生日で、事故から意識を取り戻した日だそうです。

今日の一曲。
「3月生まれ/ピチカート・ファイヴ」

ロマンティーク96

↓なぜ、グラスゴーが唯一無二の音楽都市になったのか?↓
「ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック」

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

「ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック」

|

« 「ハートに火をつけて」ザ・ドアーズ&ジム・モリソン | トップページ | プロ野球開幕&競馬はクラシックシーズン到来 »

おすすめの本」カテゴリの記事

ロックの本」カテゴリの記事

コメント

あぁ~。僕もこういう本大好きです。カタログって、眺めているだけで楽しいですよね(^-^)
でも、5000円札はちょっと出せないなぁ…(^_^;)

投稿: かおもじ | 2008年4月 3日 (木) 19時46分

1001枚のアルバムも名盤を紹介しているなら5500円でも買いですね!分厚いというのも【洋楽学】を極めたい自分としては嬉しい書です。おそらく、近日中に買うと思いますww

プレゼントって自ら進んで買うのは気が引けるけど買わないでいるのも気になる、そんなアイテムをもらうのが一番だと思います。
遅ればせながら誕生日おめでとうございます^^

ピチカート・ファイヴは最近アルバムを出したんですね!
スペースシャワーTVで特集あってたんで気になってました^^

投稿: ジャム80 | 2008年4月 5日 (土) 00時58分

かおもじさん、
たしかに5000円は大きいですね(笑)。
俺はたまたまタイミングがよかったです。
まあ一生ものと考えれば(^^)

投稿: william | 2008年4月 5日 (土) 17時51分

ジャム80さん、ありがとうございます(^^)。
これ一冊あれば、実際ほかの本いらないぐらいですね。
「ロッキング・オン」からも出るみたいですが、
結局、名盤なので知ってるものばかりでしようね。
若干、視点が変わってくるとは思うけど。

ピチカートのこのアルバムは昔のものですが・・・。
だいぶ前に解散してるんじゃ??
詳しくは分からないですね~。

投稿: william | 2008年4月 5日 (土) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚」:

« 「ハートに火をつけて」ザ・ドアーズ&ジム・モリソン | トップページ | プロ野球開幕&競馬はクラシックシーズン到来 »