« 名盤の旅!「サニーデイ・サービス」~ジャケットの風景写真~ | トップページ | 「80年代邦楽」佐野元春&ブルー・ハーツ&BOOWY »

「黄金の80年代洋楽・2」~1984年・前編~

「1984年」というのは、俺にとって特別な意味を持ってます。
前回書いたとおり、洋楽と出会った年であり、
現在まで続いている「ロック好き」の原点といえます。

今思い返しても、「1984年」というのは、
非常に個性の強いアーティストが活躍した年でした(笑)。

前回のデュラン・デュラン、カルチャー・クラブ、ハワード・ジョーンズ、
カーズに引き続いて、代表するアルバムを紹介します。

○ボーン・イン・ザ・U.S.A./ブルース・スプリング・スティーン

ボーン・イン・ザ・U.S.A.(紙ジャケット仕様)

まずはコレ。
名もなき民の物語集。
米国内だけで1200万枚を売り上げ、
7曲のトップ10シングルを生み、彼を若者のヒーローから
アメリカのヒーローへと押し上げた、モンスター・アルバム。
ベトナム帰還兵の行き場のない怒りと絶望を歌った表題曲は、
レーガン元大統領が歌詞の文脈を無視して、選挙キャンペーンに使い、単純なアメリカ賛歌と誤解されたりもしました。
個人的に好きな曲はストレートな「ダンシング・イン・ザ・ダーク」、
哀愁ただよう歌詞の「グローリィ・デイズ」。シングルカットは
されてませんが「ノー・サレンダー」「ボビー・ジーン」も佳曲。

○スポーツ/ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

Sports

83年発売で、84年にかけて大ヒットした、
陽気で痛快なアメリカン・ロック。
だが、ベトナム戦争やドラッグ中毒をテーマにした曲も。
”いつでもどこでもロックンロールだぜ”と歌う
「ハート・オブ・ロックンロール」は彼らのテーマ曲。
「ハート・アンド・ソウル」「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」
「いつも夢見て」もトップ10ヒット。
「アイ・ウォント~」はたしか当時、レイ・パーカーJrに「ゴースト・バスターズ」のパクリだろといちゃもんをつけられてたような。

○シーズ・ソー・アンユージュアル(N.Y.ダンステリア)
 /シンディー・ローパー

シーズ・ソー・アンユージュアル

同じく83年から84年にかけて、大ヒット。
けたたましい金切り声と奇抜な古着ファッションは強烈でした。
マドンナと出てきた時期が同じで、まったく違うスタンスで女性で
あることを歌っているということから、当時はよく比較されました。
女の子賛歌の「ハイスクールはダンステリア」もいいですが、
やっぱり「タイム・アフター・タイム」は時代を代表する名曲。
「オール・スルー・ザ・ナイト」「シー・バップ」
プリンスのカバー「ホェン・ユー・ウェア・マイン」など名曲揃い。

○パープル・レイン/プリンス

パープル・レイン

このアルバムの大ヒットにより、マイケル・ジャクソン、マドンナ、
と並びMTV時代の申し子として、スーパースターに君臨。
映画もヒットしたみたいですが、中学生だった俺にとって
さすがにこの映画を見ようとは思いませんでした(笑)。
このアルバムはなんといってもジャケットのインパクトが強い!
シングルとしても「ビートに抱かれて」「レッツ・ゴー・クレイジー」
「パープル・レイン」と、後にプリンスの代表曲となる3曲が
連続NO.1に。
当時「週間FM」の”読者が選ぶ嫌いなアーティスト”で、
今でいう「生理的にムリ」「キモい」という理由で
こちらもぶっちぎりの1位に(笑)。
それだけインパクトが強かったということでしょう。

○フットルース/オリジナル・サウンドトラック

フットルース

そしてサントラつながりでコレを。
これもコッテコテでベタながらヒット曲の嵐。
ケニー・ロギンスによるタイトル曲に始まり、
「レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ」デニース・ウィリアムズ、
「パラダイス~愛のテーマ」アン・ウィルソン&マイク・レノ、
葛城ユキやMIEがカヴァーして、日本でもヒットした
「ヒーロー」ボニー・タイラー、「ネヴァー」・・・、まさに80年代!

と、またまた5枚でリタイア。
後編へ続きます(^^)。

今、「明治安田生命」のCMで流れてるのは、
ビリー・ジョエルの84年のヒット曲「ロンゲスト・タイム」ですね~。

80年代ロック・アルバム・ベスト20はこちら

にほんブログ村 音楽ブログへ

|

« 名盤の旅!「サニーデイ・サービス」~ジャケットの風景写真~ | トップページ | 「80年代邦楽」佐野元春&ブルー・ハーツ&BOOWY »

80年代洋楽」カテゴリの記事

コメント

ブログのほうにコメントどうもありがとうございます。
で、この日のブログ。私にとってはジャストでした。6つ上の兄が中三のときに、このころのベストヒットUSAをつられてみてたんですが、その頃の記憶が自分には凄い強くて。去年レコードプレーヤーを買ったときは、このシンディローパーの名盤とプリンスの『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』(パープルレインの次のです)、あととりあえずスリラーをレコファンで100円とか300円とかで買いなおしました。ちなみに、今度シカゴとヒューイルイス・アンド・ザ・ニュースがジョイントで来日するんですが、チケットが高いので行こうかどうか迷っております。

と長々書いてしまい、すみません。またちょいちょい見ます。それでは。

投稿: 馬越達也 | 2008年2月15日 (金) 20時53分

こんにちは。80年代、熱く語っていますよね。私はこの当時あまり聴いていませんでしたので偉そうなこと言えません。もしよかったら70年代に続き、投票のご協力を!

シンディ・ローパーは大好きです。

投稿: ぷくちゃん | 2008年2月16日 (土) 12時59分

馬越さん、コメントありがとう(^^)。

「ベスト・ヒット・USA」はやっぱりインパクト強かったですよね~。
俺はシカゴ「16」のアルバム持ってますよ(^^)。
「アラウンド~」はジャケットがいいので、部屋に飾るのもありですね。
シカゴはピーター・セテラなんですかね?
ヒューイ・ルイスもそうだけど、ヒット曲だらけなので、
懐かしさに浸るにはもってこいでしょうが、
値段を考えると、個人的にはパスですねぇ(笑)。

俺もまたお邪魔しますので、よろしくお願いします!


投稿: william | 2008年2月16日 (土) 22時35分

ぷくちゃん、コメントありがとう(^^)。

また無謀な企画をはじめたんですね~(笑)。
また参加させてもらいますので、
よろしくお願いします!

投稿: william | 2008年2月16日 (土) 22時38分

コメントありがとうございます!
当時ってカルチャークラブから入る人多かったですよね。私も部屋にボーイジョージのポスター貼ってました。
その頃ヒットしてた歌の歌詞、今でも覚えてます。
ほとんどが今ではあの人は今的な(日本だけ?)とか、形を変えた状態になってますが、大好きなプリンスはいまだ現役ってこともあってファンとしてはうれしい限りです。あの当時、なんできもかったんでしょうね。今はすごくさわやか系ですよね。ライブに行きたい!

投稿: chinafuha | 2008年2月17日 (日) 23時53分

こんにちは。先日はコメントを頂きありがとうございます!
80年代洋楽はホントに思い出の曲が多いいですよね(^^)
特にベスト・ヒットUSAは懐かしの番組ですよね。
(ブリジストンの宣伝(タイヤに「頑張れ星野」ってチョークで書いているCMでした)まで覚えてますものね)
また、遊びに来させて頂きます(^^)

投稿: Koura | 2008年2月18日 (月) 18時02分

――先日は訪問頂き、ありがとうございます。
ここは、居心地の良さそうなブログですねー。
他ブログへのコメントは苦手なんですが、
1984年は、僕にとっても非常に思い出深い年でもあり、
これはもう、コメントせずにはおれません(笑)。
――後編を楽しみにしております。
今後とも、宜しくお願いします。

投稿: to-ru | 2008年2月19日 (火) 23時04分

chinauhaさん、ありがとうございます。
カルチャー・クラブの歌詞は口ずさみやかすかったですね~。
俺は部屋に、デュラン・デュランのポスターを貼ってましたよ(笑)。
デュランは今だに頑張ってるみたいです。
プリンスはやっぱりインパクトが強すぎたんでしょうね、
だんだん慣れてきたということでしょう。
最近となると全然知りませんねー・・・。

投稿: william | 2008年2月20日 (水) 22時13分

Kouraさん、ありがとうございます。
ブリジストンのCMはちょっと覚えてないです・・・(笑)。
そういえば「ベスト・ヒット・USA」って今でもCSでしてるみたいです。
だいぶ前に、日曜の夜だったかに何回か見ましたよ。
でも今のチャートなので、全然分からないし、興味もないし。
「タイム・マシン」のコーナーで、80年代の曲をしてました(^^)。

投稿: william | 2008年2月20日 (水) 22時22分

to-ruさん、お越しいただきありがとうございます。
「1984年」のインパクトは忘れられません(笑)。
俺もto-ruさんの続きを楽しみにしてるので、
こちらこそよろしくお願いします(^^)。

投稿: william | 2008年2月20日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「黄金の80年代洋楽・2」~1984年・前編~:

» 「ロック名盤ベスト100」~80年代洋楽編~ [毎日が夏休み!]
「黄金の80年代洋楽」 80年代の音楽を一言で表現すると、こうなりますね~(^^ [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 17時35分

« 名盤の旅!「サニーデイ・サービス」~ジャケットの風景写真~ | トップページ | 「80年代邦楽」佐野元春&ブルー・ハーツ&BOOWY »