« 「ロック名盤ベスト100」~80年代洋楽編~ | トップページ | 青い衝動!「スリー・アウト・チェンジ」スーパーカー »

フェブラリーSの法則

フェブラリーSは正直言って、法則はありません。
タイトルには書いたけど、ダートは専門外なので・・・。
でも、このレースは基本的に紛れのないオーソドックスな結果に
なるので、法則なしでもわりと的中してます。

注目のダイワスカーレットが回避したのが残念です。
過去に芝の実績馬が出走してきては、人気になってコケるので
(キングヘイロー、キョウエイマーチとか)おいしかったですね。
でも、ダイワスカーレットが出てくれば勝ち負けだったでしょう。
脚質的にダート馬がついてこれないスピードもあり、
最後まできっちり走れるスタミナもありと、
ドバイで2着だったトゥザヴィクトリー級の馬だと思ってます。

このメンバーなら、体調不十分でもヴァーミリアンが勝たなくては
ダメでしょう。ドバイワールドCへ弾みをつけるためにも。

◎ヴァーミリアン
○ワイルドワンダー
それからフィールドルージュ、メイショウトウコンあたり。
でも全部6歳馬で今いちおもしろみに欠けるので、
前走出遅れたけど東京と距離はベストのドラゴンファイヤー、
同じく出遅れたロングプライドは、このレース得意のペリエ騎乗。
伸びしろ豊かな2頭の4歳馬に魅力があります。

京都記念にはウオッカが出走しますね。
体調万全ならこのレースは勝たなくてはいけないでしょう。

ドリームパスポートはなぜAJCCを使ったのかが分からないし、
フサイチホウオーもいいかげんマイルあたりを使ったほうが
おもしろいと思うんだけど。


「競馬の法則」の本格始動はクラシックからです(^^)。

ところで、ニルヴァーナはどうなったんでしょうか。
最近、音楽(ロック)馬名の馬ってなにがいるんですかね??

ブログランキング・にほんブログ村へ  ←いろんな予想が見れます。

|

« 「ロック名盤ベスト100」~80年代洋楽編~ | トップページ | 青い衝動!「スリー・アウト・チェンジ」スーパーカー »

競馬の法則」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーSの法則:

« 「ロック名盤ベスト100」~80年代洋楽編~ | トップページ | 青い衝動!「スリー・アウト・チェンジ」スーパーカー »