« 「JIMMY EAT WORLD」&「STARS」 | トップページ | フェブラリーSの法則 »

「ロック名盤ベスト100」~80年代洋楽編~

「黄金の80年代洋楽」

80年代の音楽を一言で表現すると、こうなりますね~(^^)。
90年代以降、「ロック」に目覚めてからは気恥ずかしい時代も
ありましたが(笑)、世間のみなさんも同じようで、
ここ6~7年前から、オムニバス盤がたくさん出たり、
CMで使われてる曲がほとんど「あの時代」のだったりします。

ちなみに、ここで言う80年代洋楽とは、インディーなどのロックを
含まない
、「ベスト・ヒット・USA」などで見たり聴いたりした、
アメリカのチャート系の音楽のことをさしてますので。

俺が洋楽を聴くようになったきっかけは、中1の時に、
カルチャー・クラブの「カーマは気まぐれ」を耳にした事です。


♪カーマカマカマカマカマカミーリーアーン
       ユカーメンゴー ユカーメンゴーオオオー

そのキャッチーで覚えやすいメロディに一瞬で心を奪われました。
これは、兄貴が聴いていたカセットテープに入ってたものですが、
そのテープには、ほかにも

ユニオン・オブ・ザ・スネイク/デュラン・デュラン
アップタウン・ガール/ビリー・ジョエル
セイ・イット・イズント・ソー/ホール&オーツ
ロンリー・ハート/イエス

なんかが入ってたのを覚えてます。

それ以来、洋楽にハマって、「ベスト・ヒット・USA」
毎週楽しみに見るようになりました(^^)。
1984年というと、デュラン・デュラン、カルチャー・クラブ、プリンス、
マドンナ、シンディー・ローパー、ブルース・スプリング・スティーンと
スーパースターが勢揃いでした。
たまに、いつのまにか寝てしまってて、
夜中に目を覚ました時は、ショックでしたね~(笑)。
(ちなみに同い年の曽我部恵一は、カルチャー・クラブで洋楽に
目覚めた後、ピストルズを聴いて、パンクに移ったそうです)

当時は「ロックショウ」というミーハーな雑誌を買ってました。
この雑誌は今だに、捨ててなくて家にあります(笑)。
何年かすると
「ミュージック・ライフ」を買うようになったけど

そんなロックの事なんか何も分かってなかった当時の俺が、
好きだった
「80年代のアルバム20枚」を発表します。
ちなみに当時好きだったのは、デュラン・デュラン、
ハワード・ジョーンズ、ザ・カーズでした。

これはほんとにコテコテでベタな20枚だと思います(笑)。

○リオ/デュラン・デュラン

Rio

ニュー・ロマンティックと呼ばれる、ダンス・ミュージックとロックを
融合させた音楽と、華やかなファッションやプロモーション・ビデオ
によるヴィジュアル戦略により、世界的なバンドとなりました。
当時は女子に絶大な人気でしたが、俺もニック・ローズが好きで、
かっこいい人達がかっこいい音楽をしてるという
理想的なバンドでした(中学生にとっては)。
このアルバムは5人のバランスがとれているし、楽曲としても
バラエティにとんだ、佳曲ぞろいの名盤。

○セブン&ザ・ラグド・タイガー/デュラン・デュラン

デュラン・デュラン/セブン・アンド・ザ・ラグド・タイガー(CD) ◆10%OFF!

俺がもっとも愛聴したアルバムです。なんといっても、
初の全米NO.1を獲得した「ザ・リフレックス」が入ってるので。
「ニュー・ムーン・オン・マンディ」「ユニオン・オブ・ザ・スネイク」。
前作よりもゴージャス(大げさ)なサウンドになってますが、
意外に味があり、俺は好きでしたね。

○カラー・バイ・ナンバーズ/カルチャー・クラブ

カラー・バイ・ナンバーズ(紙ジャケット仕様)

今だになにかとお騒がせな、ボーイ・ジョージですが、
男か女か分からないような奇抜なルックスで人気になりました。
「カーマは気まぐれ」をはじめ、「ミス・ミー」「ポイズン・マインド」
「タイム」「イッツ・ア・ミラクル」とヒット曲満載。
モータウン路線の曲やソウルフルな歌声が楽しめます。

○かくれんぼ/ハワード・ジョーンズ

かくれんぼ

正統派の英国産シンガー・ソングライター。
なんといっても、ツンツン頭の髪型が思い浮かびます。
デビュー・シングル「ニュー・ソング」をはじめ、「パールと貝がら」
「ホワット・イズ・ラヴ?」などのヒット・シングルを含む、

エレ・ポップで高クォリティなアルバム。全英1位。

 

○ハート・ビート・シティ/ザ・カーズ

ワーナーミュージック・ジャパン カーズ/ハートビート・シティ

ダルくてクール、ニュー・ウェイヴの流れを汲みながらも、
アートと大衆性の絶妙なバランス感覚のあるモダン・ロック。
俺が1番好きな「ユー・マイト・シンク」は第一回MTV大賞受賞。
ベンジャミン・オールによる数珠のバラード「ドライヴ」も名曲。

解散後、90年代に入って、中心人物だったリック・オケイセックが、
ウィーザーの1stアルバムのプロデュースをしたのは有名ですが、
あのアルバムはリックらしいメリハリの利いた音になってます。
カーズの「ドア・トゥ・ドア」というアルバムに、1曲目のイントロから
2曲目までの流れがよく似てます。

とりあえず5枚です、
残りはまたは後日、機会があれば(^^)。

1984年・前編につづく

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 「JIMMY EAT WORLD」&「STARS」 | トップページ | フェブラリーSの法則 »

ロック名盤ベスト100」カテゴリの記事

80年代洋楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ロック名盤ベスト100」~80年代洋楽編~:

» 「ロック名盤ベスト100」~21-40位 リニューアル~ [毎日が夏休み!]
ついでに、こちらもリニューアル。 今回は21~40位までの個人的な名盤、20枚を [続きを読む]

受信: 2008年1月28日 (月) 22時01分

» 天に駆けた名馬達~2007年~ [馬師のブログ]
 某競馬雑誌の臨時増刊に、2007年に馬生を全うしたサラブレット達の特集がありました。 史上2頭目の牝馬3冠馬「スティルインラブ」、「ミッキー」こと松永幹夫現調教師のお手馬だった、そして「メジロドーベル」の宿敵だった「キョウエイマーチ」が、まだ早い馬生を閉じてしま... [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火) 21時31分

» 「スマステ!」~80年代洋楽BEST30~ [毎日が夏休み!]
いや~、懐かしかったです(^^)。「スマステ!」の、好きな80年代の洋楽ベスト3 [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 17時13分

» 「黄金の80年代洋楽」2~1984年・前編~ [毎日が夏休み!]
「1984年」というのは、俺にとって特別な意味を持ってます。前回書いたとおり、洋 [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 17時43分

« 「JIMMY EAT WORLD」&「STARS」 | トップページ | フェブラリーSの法則 »