« 『パンクは変化であり、そして姿勢である』ジョー・ストラマー | トップページ | 「ロック名盤ベスト100」~BEST20リニューアル~ »

PEACE BED アメリカVSジョン・レノン

「この映画にはジョンの思いが詰まっています
平和を願う真実の姿が映っています
ジョンについてのドキュメンタリーは数多くありますが、
これは彼の愛すべき作品です    オノ・ヨーコ」

こんなコメントが添えられたジョン・レノンの
ドキュメンタリー映画が上映されています。

ベトナム戦争や人種差別、貧困や暴力と闘うために
何が出来るのか・・・、なぜ彼は平和を愛することで
アメリカの「敵」になってしまったのか・・・。

興味をそそられるので、見たい・・・、けど、
もう2年くらい映画は見に行ってないです(子供が生まれてから)。
映画館遠いし、お金も節約しなければいけないし・・・。

ビートルズは正直、そんなに聴きません。
自分にとっての「リアリティ」をあまり感じないんですよね。
「古典的芸術」といった位置づけでしょうか。
ビートルズで1番好きなアルバムをあげるならば、
ファーストです(ホワイト・アルバムは聴いたことないけど)。
だからジョン・レノンというのは、ビートルズの一員というより、
愛と平和のために闘った人、とか
「ジョンの魂」や「イマジン」を作った人という見方です。

ジョンの魂

アメリカというのは、軍需産業(軍産複合体)で成り立ってるので、
なにかの理由を掲げて、自ら他国を攻撃したり、
各地の紛争に兵器を売って儲けなければいけないので、
「世界平和」を唱えるのは「反体制」という事になりかねません。

軍需産業以外でも、環境汚染を食い止めるためには、
汚染を生まない「水素エンジン」に切り替えなければいけませんが、
大手の石油会社や、石油に巨額の税金を課している政府など、
権力者による体制維持のために、抑えられてしまいました。

アメリカに限らず、ちょうど日本の国会でもてっとり早い財源である
「ガソリン税」について議論してますからね~。

「戦争反対、平和のために武器を捨てよう」
と言ったところで、政治家はこう言うんじゃないでしょうか?
「じゃあ、北朝鮮が攻めてきたらどうするんだ?」と。

世界平和のために「非暴力」や「非武装」を、世界に先駆けて
日本がしめすべきだと唱える人はいないんじゃないかな?
国際(アメリカへの)貢献という建前のもとに、
「平和憲法」が改正されるのは時間の問題のような気がします。

と、ここまで書いてきましたが、あくまで素人の意見ですので(笑)。
ちょっとジョン・レノンから逸れた感はありますが、
俺にとっては、ジョンもまた(ジョーと同じく)
自分の生き方を貫き通したパンクな人なのです。

もし変えようと思うなら
本当に変えようと思うなら
世界は変えられる

イマジン(紙ジャケット仕様)

ハッピー・クリスマス/ジョン・レノン

PEACE BED オフィシャルHP

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

|

« 『パンクは変化であり、そして姿勢である』ジョー・ストラマー | トップページ | 「ロック名盤ベスト100」~BEST20リニューアル~ »

映画」カテゴリの記事

ジョン・レノン」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。拙ブログにコメントをありがとうございました。
ジョンは歌で世界が変えられると本気で信じ、それだけのすばらしい才能のある芸術家であり、それを自然体でやってのける勇気も併せ持っていた稀有な人だったゆえに時の大統領の「敵」と見做されたのでしょう、と言葉で書くとピンときませんが、ジョン・レノンにまるで詳しくない私が見てもそう思えました。
ロックにもまるで詳しくないのですが、パンクとはこういう(信念を貫いた)生き方を指すのですね。ちょっと目からウロコが落ちました(^^)。

投稿: may | 2008年1月16日 (水) 01時00分

mayさん、コメントありがとうございます(^^)。
パンクという定義は人によってさまざまだと思うけど、
俺にとっては、一音楽スタイルにとどまらない、
一言でいうと「自分らしく生きる」という生き方の事です。

「リトル・ダンサー」という俺の一番好きな映画があるんだけど、
まさに俺にとっての「パンクそのもの」な映画です。
ジャムやクラッシュの音楽が使われてるのもそうなんだけど、
主人公や父親の生き方に、胸が熱くなり涙しました。
あの映画を撮った監督は(誰か知らないけど)、
パンクを通過した人だというのは、容易に想像できます。

ジョンの場合も、パンク・ムーブメントとは関係なかったけど、
ソロになってからの音楽スタイルや生き方はパンクでした。

投稿: william | 2008年1月16日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PEACE BED アメリカVSジョン・レノン:

» 「ロック名盤ベスト100」~21-40位~ [毎日が夏休み!]
前回、20位までだったので、今回は21~40位までの個人的な名盤、20枚を発表し [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 10時28分

« 『パンクは変化であり、そして姿勢である』ジョー・ストラマー | トップページ | 「ロック名盤ベスト100」~BEST20リニューアル~ »