« 宇宙を貫く「ありがとう」の法則 | トップページ | イカ天復活祭2007 »

歴史的名盤!「勝手にしやがれ」セックス・ピストルズ

サマソニにセックス・ピストルズの出演決定!

「サマー・ソニック08」の第一弾出演アーティストの発表がありましたが、そこにはなんと、あのセックス・ピストルズの名前がありました。
やはり一度は見ておきたいです。
まあ、再結成には賛否両論ありましたが、
部外者があれこれいっても「そんなの関係ねぇ」でしょう。
バンドは当事者本人のものなのだから。
今だに音楽雑誌では、定期的にパンクを特集して、
「パンクとは何ぞや?」といった事が書かれていますが、
ジョン・ライドンが再結成した時にこう語っていました。
「俺のやることがパンクだ!」まったくその通りです。

ピストルズのほかに、個人的興味はポール・ウェラー、
同じく復活組のジーザス&メリー・チェイン、ザ・ヴァーヴ。スピリチュアライズドもおもしろそうだし、ポリシックスも意外と好き(笑)。
新しいところでは、ケイジャン・ダンス・パーティなど。
まあ行きたいけど、行けないでしょうが・・・。

セックス・ピストルズについてですが、エピソードはたくさんありますが、今さら俺があれこれ言うまでもないでしょう。

二十歳そこそこの若者が、ロック・シーンのみならず
当時のイギリス社会に対して思想革命をおこし
アルバムを一枚出しただけで、「世界を変えた」
という事実だけで十分だと思います。


確かにマルコム・マクラーレンのプロモーション戦略もありましたが、
やはりピストルズの最大の魅力は、ジョニー・ロットンの個性でした。
そこら辺のピストルズやジョニー・ロットンの事が知りたければ、
ドキュメンタリー映画「ノー・フューチャー」がおススメです!
ヴィヴィアン・ウェストウッドがデザインしたファッションも、
その後のロンドン・パンクに多大な影響を与えました。

そのピストルズが、77年に発表した唯一のアルバムで、
ロックの歴史上、最大瞬間風速を記録した名盤中の名盤。

「ネヴァー・マインド・ザ・ボロックス」

勝手にしやがれ(紙ジャケット仕様)

確かにオーヴァー・プロデュースな感は否めませんが、
あの時代(今もですが)、ロックにとって
この破壊力が必要だったということでしょう。
「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」は、いつ聴いてもかっこいいし、
「アナーキー・イン・ザ・UK」は永遠のマスターピース。

かって、なにかのフェスで、この曲をカバーしたモトリー・クルーに対して、ソニック・ユースのサーストン・ムーアは、「ムカツク(たしかこんな感じのことを言ってた)、でもいい曲だ」と言ったというエピソードもありますが、
今のしょぼくれたセックス・ピストルズが演ってるのを観ても、
「でも、いい曲だ」と思うでしょうね(^^)。

昔、友達に貸したら、帰ってこなくなったので、安かったので輸入盤を新しく買いなおしたら、ジャケットがピンクでした。

Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

|

« 宇宙を貫く「ありがとう」の法則 | トップページ | イカ天復活祭2007 »

ロック名盤(洋楽)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史的名盤!「勝手にしやがれ」セックス・ピストルズ:

» ポリシックスとりまとめ [ポリシックスのリンク集]
ポリシックスのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金) 13時06分

« 宇宙を貫く「ありがとう」の法則 | トップページ | イカ天復活祭2007 »