« 好きな映画!「リトル・ダンサー」 | トップページ | 「ロック名盤ベスト100」~TOP20~ »

「ブルーな彼 ブルーな彼女」曽我部恵一&HARD-HI

最近めっきり、音楽を聴く時間が少なくなってしまいました。
子供と遊んだりする為、昔みたいに自分の時間にどっぷりと浸かる暇がないですね~。

小遣いも少ないので、欲しいなと思うCDがあってもほとんど買わないで、聴きたいけど聴いてないというものがたくさんあります。

そんな中、最近(とはいっても1ヶ月前くらい)買ったCDは、

「blue」曽我部恵一

blue

「ONCE UPON A TIME IN THE WEST」HARD-FI

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト

まず曽我部恵一の『blue』ですが、
前作の『LOVE CITY』が、「SNOOZER」誌の
~2006年度ベストアルバム~の第3位になってるように
世間的に高い評価を受けたアルバムでした。

今作は、前作の作り込んだ感じのものより
もう少しシンプルになったような印象をうけます。
個人的にはこっちの方が好きかな。

たまに車に乗った時に聴いてたので、全体の感じはつかんでましたが、今日歌詞カードを見ながらじっくり聴いてみたら、このアルバムは素晴らしんじゃないかいという事に気がつきました(^^)。

とくに「ぼくたちの昨日」という曲の、

ぼくたちの明日 ぼくたちの明日
ぼくが思うぶんだけたっぷり 太陽のように輝く
ぼくたちの明日!

という歌詞に思わず目がウルっときました。
ブルー(にこんがらがった)な日常を生きる、
自分の胸に突き刺さりました。

曽我部恵一を聴いた事がない人はぜひ聴いてください!

ハード・ファイの方は、雑誌のインタビューやレビューなどを見て
(直接、クラッシュの影響をうけてるみたいだし)、
自分に合いそうだと思って買いました。
一聴して「最新型」のロックだなと思いましたが、
まだ数回しか聴いてないので、体に馴染むまではいってません。
1曲目の「サバーバン・ナイツ」は、どキャッチーです。
フランツ・フェルディナンドにおける「DO YOU WANT TO」
みたいな感じでしょうか。

ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター

前作を聴いてないんだけど、評価が高いみたいなので、
そっちの方を聴いた方がいいのかなあ??

ついでに嫁さんが買ったのは、リップ・スライムです。

FUNFAIR Music FUNFAIR

アーティスト:RIP SLYME,MONGOL800,COMA-CHI
販売元:WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
発売日:2007/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 好きな映画!「リトル・ダンサー」 | トップページ | 「ロック名盤ベスト100」~TOP20~ »

曽我部恵一」カテゴリの記事

00年代ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルーな彼 ブルーな彼女」曽我部恵一&HARD-HI:

» 好きなロック・アーティスト(日本) [毎日が夏休み!]
UK・USときて最後は日本のアーティストといきます。 80~90年代の初めくらい [続きを読む]

受信: 2007年12月26日 (水) 21時39分

« 好きな映画!「リトル・ダンサー」 | トップページ | 「ロック名盤ベスト100」~TOP20~ »